朝日健太郎さんとの出会い

クルーズ船の寄港が相次いでいます日南市 油津港。
最近では、少し前のいわゆる「爆買い」が全国的にも収束してきたと言われていますが、日南に来られるクルーズ客の動向も明らかに変わってきており、飫肥城下町や鵜戸神宮などの観光地をじっくり回るなど、日本の文化・自然などに触れようとする傾向に変わりつつあります。

そういった中で、何度も選ばれる寄港地となる為にも、日南の自然の魅力を満喫できる「体験型観光」に昨年から取り組んでいます。

きっかけは、参議院議員で元ビーチバレーボールオリンピック代表選手である朝日健太郎さんとの出会いです。

港湾振興などに取り組まれている朝日先生とお話しさせていただいた時に意気投合し、クルーズのお客様にビーチバレーをはじめとする砂浜での体験型観光をサポートいただいています。

場所は、大堂津海水浴場。
「ビーチフェスin日南」と題して先週行いました。
今回の船は「ダイヤモンド・プリンセス」です。

そして、この取り組みのターゲットとしているのは、クルーズ船の中で仕事をされているクルー(乗組員)の皆さんです。

大型クルーズ船になると、クルーの人数も1000人を超えたりします。
出港から帰港までずっと仕事をしているわけではなく、交代交代で休みを取られます。

なので、寄港地に到着するとお休みの方は船を降りて食事やショッピングなどをされます。

日南の取り組みは、クルーの皆さんにも照準を当てて行なっており、船会社としても立ち寄りたい港を目指そうとしています。

ビーチでは、市内のスポーツ少年団のこどもたちも参加し、ビーチバレー、ビーチテニス、ビーチフラッグやシーカヤックなどの体験・交流を行いました。
また、フードコートも設置され、昼食には地元食材を使ったパエリアの提供もありました。

写真を見ていただくと、外国人の方と一緒にバレーを楽しんでいる地元の子どもたちの様子が分かります。

昨年もダイアモンドプリンセスでしたので、このイベントが2回目のクルーの方もいて、一年ぶりの再会を喜ぶ場面も見られました。

港があることで、普段、外国の方と接する機会の少ない地方の子どもたちがこのように交流できることも大きな効果だと感じます。

改めまして、この取り組みは、朝日健太郎先生との出会いがなければ実現しませんでした。
朝日先生は、物腰柔らかく、現場を楽しく盛り上げてくださり、また、この取り組みを国土交通省などの国の場にもご紹介くださるなど、日南にとっても大変ありがたいですし、もっと大きな視点で日本のクルーズ振興にも大きな力を発揮されています。

心からの感謝を申し上げ、またこれからも変わらぬ交流・サポートもお願いし、日南も頑張ってまいります!!

日南市 採用説明会

今日は、今から東京と福岡に出張をします。
今回、日南市の初めての取り組みとして「日南市 採用説明会」を行います!

日南市役所への就職に興味を持っている方に対して、市長である私が日南のビジョンと取り組みを語り、その後、日南市とタッグを組む民間人登用の2人とパネルディスカッションをしながら、より一層、日南市で働きたくなるようになってもらえたらと思っています。

加えて、日南市にはワクワクする挑戦をする若者や企業がどんどん出てきています。

そのような躍動する日南市を感じていただき、日南市に興味を持っていただけたら嬉しく思います。

日南市への就職を考えていなくても、日南市に興味を持っている方、私の話しを聞いてみたい方も歓迎します。

全国4会場で開催をし、東京は本日、福岡は明日です。
そのほか、宮崎市、日南市でも開催します。
宮崎市、日南市での日時などは下のホームページからご確認ください。

【東京】
《日時》
9月2日(土) 18:00~20:00
※30分前から受付を開始します。
《開催場所》
LEAGUE有楽町 / 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル6階

【福岡】
《日時》
9月3日(日) 13:30~15:30
※30分前から受付を開始します。
《開催場所》
福岡県福岡市中央区天神2丁目12番1号 天神ビル(11階会議室3号)

予約無しで会場に来ていただいても構いません。

自分の力をどこかの町で試してみたい方や地方創生に興味のある方も含めて、是非お越しください!

最近忙しくて、私自身の告知が遅れてしまいました。
申し込みは結構いただいているようなんですが、会場に若干の余裕はあるようなので、お時間のある方はお気軽にどうぞ。

https://www.inter-cross.com/event/nichinan

日南市災害対策本部運営訓練

今日は、日南市災害対策本部運営訓練を行いました。

訓練では、3日前に発生した南海トラフ地震(日南市震度7)の大きな余震が午後1時に観測されたとの想定でシェイクアウト訓練を実施し、その後、本震から4日目を向かえ、被災状況が明らかになりつつある時期についての設定です。

昨年までは発災直後からのブラインド訓練でしたので、このように災害からの日数をあえてずらして、様々なフェーズに対応していくための訓練です。

本部運営訓練のほか、国交省との映像共有防災会議(テレビ会議)訓練も行いましたので、テレビを見ている写真がありますが、国交省宮崎河川国道事務所の鈴木所長とのテレビ会議の様子になります。

そのほか、組織毎の対策方針考案、そして、その方針を踏まえ、他機関等への受援協力を含んだ報道発表訓練を行いました。

日南市の防災アドバイザーである小早川先生による助言等を受けると共に、自衛隊、国交省、海上保安部、警察、県等の関係機関リエゾンの参画もいただき、有事に備えるための有意義な訓練となりました。

 

近隣市町村の都城市、串間市の担当の方にも来ていただきました。

特に、小早川先生には、県庁時代、DMATの担当をしている頃からの長いお付き合い・ご指導をいただいています!

もしもに備えて、しっかりと訓練を継続してまいります。

イクボス研修

8月に、市職員を対象に「イクボス研修」を行いました。

「イクボス」と聞いて市民の皆様が想像されるのは、「若い市長が仕事をしながら子育てもすること」かもしれません。しかし、男性が仕事と子育てを両立させていくことを指す言葉は「イクメン」です。市長である私自身も「イクメン」ではありますが、「イクボス」とは意味が異なります。

「イクボス」とは、職場で共に働く部下のワークライフバランス(仕事と生活の両立)を考え、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を両立できる上司のことを指します。もちろん、対象は男性に限らず、女性管理職のことも「イクボス」と呼びます。

また、両立をしていく「生活」の部分は、育児に限らず、介護や家事のこともそうですし、その部下が大事にしている趣味・スポーツなども当てはまります。

ということで、「イクボス」の「イク」とは、部下を「育て」、組織を「育て」、上司が自分自身のことも「育てる」こととも言われています。

この考え方により、最終的には、市民の皆様のために良い仕事ができるようにと今回の「イクボス研修」を開催しました。そして、市内の企業関係者にも呼びかけをし、企業向け「イクボス研修」も別の日に開いたところです。

研修講師は、「イクボス」の存在が、職場に良い影響を与えることを紹介し、チームワークが強くなり、仕事でも結果が出てくることを丁寧にご説明していただきました。
これから日南市内に官民を問わず「イクボス」がもっと増えるよう、努力してまいりたいと思います。

 

 

 

 

 

「道の駅なんごう」が日本一!

 

日南の「道の駅なんごう」が日本一になりました!!

 

日南市役所

〈祝!日本一!〉
【広報室からのお知らせ】

2017年8月現在、日本には1100以上の「道の駅」が存在しますが、今回、トリップアドバイザーが発表した『道の駅ランキング2017』で、日南市の『「道の駅」なんごう』が、日本一に輝きました。ありがとうございます!

★詳細は、こちらのリンク先「トリップアドバイザー」をご覧ください。

【行ってみたい】旅好きが選ぶ『道の駅ランキング2017』発表

 

 

Back to Top ↑