14社目のIT企業進出

日南市に14社目となるIT企業が進出されました!
マンガの配信を行う株式会社ナンバーナインさんです。

ナンバーナインの小林社長は、地方にオフィスを構えるにあたり、日南市しか考えていなかったとのことで、本当にありがたく嬉しく思います!

進出してくださった企業さんと共に、ますますワクワクする商店街を作ってまいります^ ^

(↓以下、市役所広報係の文章です)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【こちら広報室】
<油津地区12社目 漫画扱うIT企業が進出>

期日:3月18日(月)
場所:油津Yotten

 IT企業の株式会社ナンバーナイン(小林琢磨・代表取締役社長、本社は東京都渋谷区)が、油津地区でのオフィス開設に向け、市と立地に関する協定を締結。同社は、漫画を電子書籍化しインターネットで配信。その業界で第2の実績です。

 同社は、サービス開始から約半年で1,000作品を超える漫画を電子書籍で配信。独自の制作力と営業力を強みに、電子書籍の配信代行業界で№2の実績を誇ります。東京本社に続く2カ所目の拠点として、岩崎三丁目の国道222号沿いにあった旧つどいカフェを活用して日南オフィスを開設します。今年5月に事業開始を予定している同オフィスでは、5年間で28人を雇用する計画で、主に漫画を電子書籍化する作業を担当。特別な資格は不要で、パソコンが使用できれば未経験者でも働けます。

 本市では、平成28年度からの約2年間でIT企業13社が進出し、雇用が100人を突破。各社の進出5年後の採用予定数は計250人を超える予定で、市内で仕事不足状態となっている事務系の仕事を新しく作ることにより、若年層の市外流出防止やUIターン者の増加が期待されています。

 﨑田市長は「今回の進出は日南市以外考えていなかったと聞き、本当にありがたい。私もアプリを使って漫画を読んでいて、その手軽さからこれから先も伸びる分野だと思っている。作品を発表したい漫画家から新しい漫画が電子書籍でどんどん出てくるような仕組みが、日南市から広がっていくことをうれしく思う。ぜひとも日南市の代表として全国に誇れる企業になってほしい」と歓迎のあいさつ。

 小林社長は「日南市に初めて来たのは、4年以上前。ちょうど油津商店街がこれから変わっていくという時に企業の視察として伺った。それから4年後に再度訪れたら、すごく活性化していた。成長のスピードと活気を目で見て肌で感じたので、ここにオフィスを作りたいと考えた。年内には業界№1になりたいと思っている。そのためには、しっかりと日南オフィスを立ち上げることが会社としての最重要課題。ここ日南市から漫画の価値をさらに高めて、日本が世界に誇る芸術としてこの事業を推進していく」と意気込んでいました。

島唄LIVE in日南

今夜の油津商店街は、高校生・大学生・若手社会人がハッカソンしてる一方で、「島唄LIVE in 日南」を開催中!!

日南市は那覇市と姉妹都市でありまして、今年は50周年のメモリアルイヤーであります!

それを記念して、道の駅なんごうを運営する株式会社南郷包装さんが企画してくださいました!

日南市公認アイドル「ボニートボニート」もステージに立ってます^ ^

島唄サイコーです!!(*´∇`*)

一歩前進

本日、国土交通省から東九州自動車道の「油津IC(仮称)~南郷IC(仮称)」間と「奈留IC(仮称)~夏井IC(仮称)」間について、平成31年度新規事業採択時評価手続きに着手されるとの発表がありました。

今後は、開催が予定されている「道路分科会 九州地方小委員会(国土交通省 九州地方整備局)」や「道路分科会 事業評価部会(国土交通省)」といった段階を踏まえての新規事業化となりますので、吉報を期待しております。

東九州自動車道の全延長約436kmのうち、「油津~串間~夏井」間は唯一、未事業化区間として残されています。
そのため、これまで新規事業化に向けて、日南市、串間市、志布志市で構成する「東九州自動車道建設促進日南・串間・志布志地区協議会」を中心に、要望活動や総決起大会を開催してきたところであります。

このような中、今回の評価手続きの着手は、新規事業化を行う上で、必要不可欠なものです。
事業化に向けて大きく前進できたのは、古川禎久先生をはじめとする関係の国会議員や、国土交通省や宮崎県庁をはじめとする関係機関、市民の皆さまの永年にわたるご尽力の賜物であり、深く感謝申し上げます。

市といたしましては、今後も東九州自動車道の早期全線開通に向け、官民一体となって取り組んでまいります。
引き続き、皆さまのご支援とご協力をお願い申し上げます。

Back to Top ↑