県民総力戦のはじめの一歩 ~ゲキロン!で思ったこと~

日曜に生放送があったUMKの討論番組「ゲキロン!」の反響がものすごくあります。
たくさんの方が見てたんですね。昨日も、電話やメールがたくさんありました。
あんまりしっかり発言できなかったので、恥ずかしいです(汗)。

最初にUMKから出演依頼があったときに、こういうものに出てもいいものか、上司に相談していたので、職場の一部の人は私がテレビに出ることは分かってて、昨日も早速、上司から感想を言ってくださいました。

今の職場の皆さんは、西都古墳まつりやえれこっちゃなどなど、私が地域活動していることに大変理解があり、いつも温かく見守ってくださってます。
今回のテレビ出演も、良かったね~という感じで、発言もできてよかったじゃない!とのこと。
人によっては、私みたいにどこそこよそで動き回る部下はちょっと鼻につく上司もいるかもしれないなとも思いますが、私の上司の皆さんは本当に理解があり、むしろ地域活動を熱心にすることを喜んでくださり、懐が深く、本当に本当にありがたく思っています。

昨日の「ゲキロン!」で、発言しようか迷ってできなかったこと、考えてたことを一つここに書こうと思います。

観光の話のときに、グリーンツーリズムの話が出てました。
また、知事が今、県民総力戦!と強く言われていますが、何かをしたいと思っているが、何から始めていいのか分からないという県民の方も多いのではないかと思います。

そこで、まずその始めの一歩として、まず県民自身がグリーンツーリズムに行ってみることを提案します!
昨今、観光の新しい形として飛び交っている「グリーンツーリズム」ですが、実際に行ったことのある方は少ないのではないでしょうか。

宮崎の自然と、住む人々の素朴で温かい人間性をを活かしたこのグリーンツーリズムを、県民がまず経験し、その良さを感じることとで、県外の知り合いから、みなさん一度は聞かれたことのあると思う「宮崎に遊びに行くとしたらどこがある?」という質問の答えの一つとして、「北郷町の農園ぴくにっく!」とか「五ヶ瀬の夕日の里!」とかが出てくるようになると思います。
県民一人一人が、県外の友人を宮崎に呼び、遊びに連れて回れば、確実に観光客数は増えると思います。そうやって口コミで宮崎によさが広がるはず。
これも県民総力戦の始めの一歩。そのためにも、まず県民自身が、宮崎の良さを再発見する事が大切と思います!

私は、先日もみらいフォーラムメンバーを農園ぴくにっくに連れて行きましたが、昨年、一昨年も、プライベートで、ぴくにっくに県庁の同期を10人くらい連れていったり、当時の地域振興課の皆さんを連れて行ったりもしました。
また、五ヶ瀬の夕日の里づくり桑の内の農家民泊も以前行きました。

まず、自分自身がグリーンツーリズムを通して、宮崎の自然の良さ、宮崎の人の温かさを体と心でしっかり感じたから、友達を連れて行きたくなっちゃうんです!
なので、最近は友達の中で、どこか遊びに行きたい!という話になると、いつも農園ぴくにっくにお世話になってます。(もといちさんまさこさんありがとう

出勤時間が迫ってきました。今日はここまで。

崎田恭平

ゲキロン!

昨日の昼間は、地元のテレビ局UMKの『ゲキロン!2007「どげんかせんといかん宮崎」ー知事と真夏の生討論ー』という生放送番組に、ギャラリーとして参加してきました。

出演することになったのは、UMKから私に直接、青年活動している若者ということでオファーがあったのがきっかけです。局長から若者をたくさん連れてきて欲しいと言われ、みらいフォーラムと地域活性化塾どんげネットのメンバーを誘いました。(若者ギャラリーの8割が私が連れてきた人でした。)

番組の内容は、全国から注目を浴びている東国原知事と県選出国会議員が「変革を目指す宮崎には何が必要か。農業・観光・企業誘致の再生への具体策を探る。」というテーマで3時間の生討論を行うというもの。
知事と国会議員の討論を間近で見れるというのはなかなか経験できないことですので、非常に刺激を受けました。

また、メインで番組の進行をされていた榎木田アナは以前からちょっと知り合いでして、「崎田くんが一番振りやすいから準備しといてね」と何度もCMの合間に言われてましたので、とっても刺激的な3時間でした(笑)。

結局2回発言する機会があり、番組終了後、テレビを見ていた友人数名から緊張していたやろと言われましたが、実際は緊張というより、生放送の中で考えがまとめきれないまま話題を振られて話し始めてしまい、自信を持って話せなかったことが原因です。
その点、みらいフォーラム副代表の二人は、代表よりはるかにしっかり堂々と話せていました。まだまだなオレ・・。
まあでもいい経験になりました。こういう機会を恐れずに経験して、場慣れしていかんといかんなーと改めて思いました。

議論の中身についてですが、企業誘致の話になったときに、その前の日に西米良の黒木村長と話していたことが頭にあって(この一つ前のブログ参照)、長期的に見たときに、どんどん企業誘致することが宮崎に何をもたらすのかなどをグルグルと考えてました。(考えはまとまらず、この事について発言してませんが)

次回の黒木西米良村長のフォーラムでは、宮崎が今後どのような方向に進むべきかしっかり議論したいなと、今回強く思いました。

横山アナと
(写真は、同じく番組に出演されていた横山美和アナと番組ギャラリーの皆さん(副代表の榎本さんと健作含む)。横山アナとは以前、仕事で一緒に高千穂に行き、私は古代衣装着て、テルミーちゃんコーナー(コント?)のロケをしたことがありまーす。)

崎田恭平

第32回フォーラム下打ち合わせ in西米良村長室

8月11日(土)は、西米良村に行ってきました。
今回の一番の目的は、次回フォーラムの講師である西米良の黒木村長に、この「みやざきみらいフォーラム」を説明し、フォーラムについての下打ち合わせをすること。
おまけの目的は、前々からすごくいいと聞いてて、是非いつか行きたいと思ってた「西米良やまびこ花火大会」を観ることでした。

花火が始まる前の時間を村長に少し作っていただき、村長室でお話させていただきました。
フォーラムの概要を説明させていただいた後に、村長といろんなお話をすることができました。

その中で、特に心に残ったのは、何を幸せと考えるかというお話。
西米良に大きな企業が作られ、大都市のように栄えるということは絶対にないわけで、でも、都市には無い、山があり、川があり、素晴しい自然の中で日々を送ることができます。住民同士の顔が見えるコミュニティの中で、助け合いながら生活を送っていらっしゃる。
村長が子供の頃、みんな貧乏だったけど、例えばアメが二人で一つしかないときは、石で割って分け合って食べたりするような、温かい心のある環境の中で過ごされていたそうです。幸せに過ごされていたとのこと。

私も、このみらいフォーラムなどを運営する中で、宮崎のこれから先のことを自分なりに考えるのですが、私は、宮崎が第二の東京や福岡を一生懸命目指しても仕方ないと思ってます。(まあもちろんなれるわけもないんでしょうけど)
でも、じゃあ、どうするのか。
霞を食って生きていけるわけではないので、お金も必要であって、その明確な答えを見つけきれずにいます。

宮崎で人生を送るなかで、しっかりと自己実現するにはどうすればいいのか。
私が最初に、この「みやざきみらいフォーラム」を運営しようと思ったのは、この問題を解決するための答えを探すためというのも一つあるなと、最近つくづく思います。

黒木村長からは、その他にも、山村がこれから進むべき姿として、ヨーロッパの事例や、中国の桃源郷などを研究されているお話、また、観光客の誘致PR先などとしてターゲットとしてるのは、宮崎市の方向ではなく、福岡の方向に向いてるということなど、いろんなお話を聞くことができました。(福岡がターゲットというお話は、五ヶ瀬の飯干町長も以前同じことを言ってらっしゃった)
村長室で二人だけでお話させていただいたのですが、あっという間に30分が過ぎました。

本当に次回フォーラムが楽しみになりました!
皆さん是非おいでください

第32回みやざきみらいフォーラム
日時:9月18日(火)19:00~21:00
場所:宮崎中央公民館 2階和室
講師:黒木定蔵 西米良村長
(フォーラム後、懇親会も予定しております。)

そして、そのあと花火を観ました
西米良花火2

川の向こう岸から花火が上がるのですが、川幅がそれほど大きいわけではないので、首が痛くなるくらい真上に花火が上がります。

夫婦でみらいフォーラムスタッフである穂高&美鈴さん、東京在住の準スタッフ長川さん、美鈴さんのお父さんお母さんと、小雨の降る中、ワイワイ言いながら楽しく観ました。
大迫力で、名前のとおり山に花火の音もこだまし、本当に素晴しい花火大会でした!

帰りは、ゆたーとで温泉にも入ってきました。
村長から素晴しいお話も聞けましたし、存分に西米良を満喫した一日でした。
西米良花火
(写真にある人影は、みやざきみらいフォーラム会計の美鈴さん(西米良産))

崎田恭平

第31回みやざきみらいフォーラム~坂佳代子 前副知事~

8月7日(火)に開催しました『第31回みやざきみらいフォーラム』についてレポートします。

坂さん1
講師は、坂佳代子先生。
女子体操選手として、メキシコ、ミュンヘンとオリンピックに2回も出場された方です。その後、日体大で教授を務められ、2005年10月宮崎県副知事に就任されました。(説明不要かとは思いますが、一応。)

講演の内容は、オリンピック選手に至るまでのお話から、大学教授、母、妻、体操競技の審判員など、いくつものわらじをはきながら全力疾走されてこられたお話、宮崎に対する思いなどを語っていただきました。

お話から、自分が決めた目標に向かって、熱く愚直に努力されるその信念の強さを感じました。
そして、気さくで明るく前向きな坂先生の人柄に、一発でファンになりました

坂さん2
現在も、自分を育ててくれた宮崎に恩返しをしたいと考えていらっしゃる元気いっぱいの坂先生に触れることができ、非常に嬉しかったです。

次回は黒木西米良村長!お楽しみに☆

北郷町「農園ぴくにっく」 ~北郷・日南 観光分野研修ツアー(県議研修を含む)~

7月21日(土)に、みやざきみらいフォーラムスタッフ+αと行ってきました北郷町「農園ぴくにっく」~北郷・日南 観光分野研修ツアー(県議研修を含む)~について、チラッと振り返って書こうと思います。(7/21のブログにも少しぴくにっくの事を書いてます。)

私は、ぴくにっくの古谷夫妻の大ファンです。(もちろんおばあちゃんもゆかちゃんも)
あそこに行くと、本当に心がリラックスできるというか、温かい気持ちになれます。

朝10時に農園ぴくにっくに到着し、パン焼きピザ焼き体験。奥さんのまさこさんの楽しい解説のもと、パンをこねます。形を作ります。ピザも作ります。
そしてご主人の元一(もといち)さん手造りの石釜で、パンとピザを焼きます。
そして、古谷さんとこの豚で作ったシチューやサラダなどなど、食べきれないくらいのおいしい料理と自分たちが作ったパンとピザが昼食。(食べきれなかったパンは次の日の朝ごはん

kitagou1

とっても簡単にさらっと書いてますが、ほんと楽しいんですよね~
ここの良さは、一度行ってみないと分からない!
もう何度もいろんな人を連れて行ってますが、満足しなかった人はいないです!自信を持ってオススメします

kitagou 2

知事の言う「おもてなしの心」の究極の形、宮崎モデルがここにあると私は思ってます。

午後の時間は、日南市酒谷の棚田百選にも選ばれている「坂元の棚田」にみんなを案内しました。
みんな実際に棚田まで行くのは初めてだったようで、展望台から棚田を眺めた瞬間、歓声が上がり、地元日南出身の私はとっても嬉しかったです。
酒谷では、古谷さん同様、過去にみらいフォーラムの講師を務めてくださった「やっちみろかい酒谷」の日高茂信さんにも偶然お会いできました。
私の県庁最初の配属であった地域振興課時代にも大変お世話になった方です。相変わらずお元気で、またまたこっちが元気をもらいました。

それから、日南市飫肥の奥座敷(!)である我が故郷の吉野方の実家に案内し、北郷温泉で汗を流し、ぴくにっくに戻り、バーベキューしながら夜中までいろんなことを語り合いました。

改めて宮崎の良さを存分に満喫した一日。
そんな魅力がたくさん詰まったこの宮崎をうまく活かして、住む人たちが、宮崎に生まれ育ち、この地で人生を過ごすことができて良かったと思える社会にできるよう、微力ながら少しでも頑張りたいと強く思った時間になりました。

崎田恭平

Back to Top ↑