天然記念物のような若者集団!?

日南YEG110826先日の日南商工会議所青年部(YEG)での講演の様子は、また後日に書く予定です。
今日は、この週末のことを。

昨日は、吾田地区(日南市)のソフトボール大会がありました。
青壮年部の役員の方からの「是非来て!」というお誘いで行ってきましたが、行ってみると野球経験者ばかり。(ユニホームから違いました(笑)。)
それでも代打で出させていただいて、ライトに抜けるヒットで出塁。その後、ヒットが続き、ホームベースまで帰って同点に追いつきました。
結局、1点差の勝利でしたので、最低限の役割を果たしたということで上出来です。
(あと、最近よくお世話になるO田川さんも別の地区で出てましたが監督してました。さすがです。)

夜は、地区の皆さんと打ち上げでした。
深夜、最後まで残っているのは、青壮年部のいつもの先輩方。
だいぶ仲良くしていただけるようになってきました。
私が一番若いほうなので、かなりいじられもしますが(笑)、気持ちの良い先輩方で楽しい時間であります。

その前の日である土曜は、前回のブログにあるとおりMfnetがありまして、夜はボンベルタ屋上のビアガーデンで打ち上げをしました。
ここで、スペシャルゲストが登場しまして、これまた楽しい時間(議論)に。

このときのスペシャルゲストも、昨夜の地域の皆さんも、普通に仕事をしているだけでは、このようにバカ話などもしながら飲み語れることもなかったと思います。
こういう風に、人の繋がりが広がっていくのはありがたいことです。
何を言っても、純粋に楽しい!

そのスペシャルゲストの方のブログに、以下のように我々勉強会のことを紹介していただきました。
『(中略)夜は別の若者の飲み会に参加させて頂き、こちらも同じく熱い集団でした。宮崎では珍しい、天然記念物のような若者集団ですが、今後もお付き合いさせて頂きたいです。』
・・・・・嬉しい限りです。(笑)
こちらこそ負けないくらい熱く突っ走りたいと思いますので、同志として切磋琢磨しながら末永くよろしくお願いします。

話は変わりますが、私は通勤のため毎日飫肥駅から宮崎駅を往復していまして、汽車の中では、新聞読んだり、ネット・メール・ブログをチェックしたり、仕事の資料を読むなどしています。
そして、それ以外には、読書の時間にも使っています。
日々慌ただしく過ごす中で、貴重な時間です。
車中心の生活だと、私の場合は本を読む時間を見つけるのも大変だったかなと思うところです。

もしドラ表紙いつも、数冊をカバンの中に入れといて、気分次第で読む本を選びます。
今朝は、以前に買っていて読めてなかった左の本を読み始めました。
いわゆる「もしドラ」ですね。
正式名称は、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」です。
表紙を見ると漫画みたいですが、もちろん中身は活字ばかりです。
流行からはかなり遅れていて、ここに書くのも恥ずかしい限りですが、いやあベストセラーとなったのも納得の読みやすさと面白さです。
私には、最初からドラッガーだと読み切れなかったのでは?とも思いますので、このストーリーのおかげで「マネジメント」を本当に分かりやすく読めました。

本の感想としては、1人でできることなんて僅かなので、このようにチーム(組織・仲間)で事に当たることの強み・重要性を改めて感じたところです。
日々の仕事や、自分の今後の戦略、仲間と進めている計画などなど、いろいろ活かしていきたいと思います。

「天然記念物のような若者集団!?」への4件のフィードバック

  1. 飫肥駅から宮崎駅へ通勤し、それから職場というスタイルは、どちらかというと東京のライフスタイルみたいですね。
    この通勤時間に得られるものって、構造的に大きいと思います。
    もし一日2時間だったとしても、積み重ねを考えると、公共交通機関通勤者とマイカー通勤者では如実に差が出るよう思います。
    もっとも、長時間通勤に相当する部分を、マイカー通勤者や短時間通勤者が学びに充てていれば別ですが。
    そんなことも無いような気がするこの頃です。

  2. おっしゃるとおり、この時間は自分にとってでかいと思うよ!
    しっかり活用せねば!

  3. 「類は友を呼ぶ」とはよく言ったもので、﨑田君の廻りにはそんな熱き志を持つ人間が集うのでしょうね。これからもそんな熱き皆さんと協同で新しい宮崎を創造してくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です