「その時」のために、今すべきこと。

厚生労働省H21.6.17(← 厚生労働省や環境省が入っているビルの外観です。)

最近、22年度の予算要求について、最初の山を迎えております。
さっき帰ってきて、すぐにシャワーを浴びて、今です。

ほんとは、終電に間に合うよう帰ろうとしましたら、課の総括をされている上司から、「締め切りまでまだ少しあるけど、もしものことがあるといけないから、今のうちにもう少し頑張っておこうか」とニッコリされまして(苦笑)、もうひと頑張りしてきました。
係長が病欠のため、私一人で2人分の仕事をこなさざるを得ないのですが、いろんな方の支えがあって、なんとか回していっているところです。
(今夜も仕事を一緒に進めてくださった、その総括の上司には本当に助けていただいています。(涙))

取り扱う仕事の内容が初めてのモノなのはもちろんのこと、業界用語といいますか、書類や職場で飛び交っている言葉が分からないものもまだまだあるので (ex.「この資料をリバイスしといて」 「三段表は作ってある?」などなど・・・)、仕事に取り掛かる前の段階で他の人より時間がかかる事もしばしば。
まあでも、ほんと充実しています。

先程、帰り支度をしながら、職場の同僚数名と行政に関する少し深いテーマで雑談をしたのですが、同じ公務員とはいえ、いろんな考えの人がいるなと正直思いました。
職場には、国の職員だけでなく、私のように都道府県から来てたり、市町村から来てたり、民間企業の方がいらっしゃったりもします。

そんなこんなでいろんな人にもまれながら、「うぉー、もっともっとやってやるぞ」と未来への活力をもらっているところです。
具体的に行動を起こして、結果を出す人間になってやります。
そして今は、「その時」まで、しっかり力をつけたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です