マニュフェスト講演会

マニュフェスト討論会2日(日)は、消防団の宿泊忘年会で泊まった日向から宮崎に戻った後、東国原知事と前三重県知事の北川正恭さんらを迎えての講演会に行ってきました。
(←開始前の会場)

パネルディスカッションのコーディネーターの方から、「県民総力戦というのは、要望や苦情を言うのではなく、地域の課題に対して自分がどうコミットするのか(かかわりあうのか)を考えること。自分がまず行動を起こすこと。」との言葉がありました。
北川先生からも、上記と同様の発言があり、またその他に「行政の市民化・市民の行政化」という言葉も出ました。
「行政職員は市民の場に出て行って『金は無いけど、その分一緒に知恵を出し合っていこう』と入り込んでいくべきだし、住民も自ら動き出さないといけない」というお話でした。

行政マンとしても、宮崎に住む一住民としても、身が引き締まる思いになりました。
県民総力戦。まずは自分が動き出さねば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です