お笑いストリートライブ初開催!

お笑い路上ライブ①
今日は、宮崎市中心市街地の四季通りにて、記念すべき第1回お笑い路上ライブが行われました!
Mfnet(宮崎県内若手行政マン自主勉強会)代表の松木さんが仕掛けた今回のお笑いライブ。
松木さんは、吉本興業で2年間芸人をした後に、県庁に入ったという異色の経歴の持ち主です。

県内には「お笑いをやりたい!」と思ってる若者が結構いるらしく、でも、宮崎ではネタを人前で披露する場所がないので、なんとかそういう場を作ってあげたいという話を松木さんから聞いていて、「Doまんなかモール(中心市街地活性化のため商店街と大型店が一体となって行っている取組)」で週末にやっているステージの中でできないかという話になり、私が「まつりえれこっちゃみやざき」などなどあらゆる場面でお世話になっているショットバー「ポトリージョ」の松田さんと松木さんを引き合わせ、今日の開催に至りました。
(2人を会わせただけで、私は他は何もしてませんが(笑))
松田さんは、市民プラザ3階の「宮崎市民活動センター」のセンター長でもあり(市民活動センターは、どんげネットも、みらいフォーラムも、Mfnetも利用させてもらってます)、「Doまんなかモール」中心人物の一人でもあります。

お笑い路上ライブ②
今日は、高校生3組(コンビ2組、ピン1組)がライブを行いました。
告知をほとんどしていなかったようなので、人がどのくらい集まるのか不安もありましたが、結構観客が集まりました~。
Mfnetの宮崎市役所の直子姉さん、清武町役場の松木ひろにいと楽しく見させてもらいました。(県議の武井さんも)

お笑い路上ライブ③
←M-1甲子園2007(全国高等学校お笑い選手権)で、全国から集まった700組の中から決勝の10組まで残った「ムジャキ」。
九州からこの10組に入ったのは、このムジャキだけだったとのこと。
落ち着いた感じで、高校生とは思えない度胸でした。

お笑い路上ライブ④
←個人的に私が好きだったのは、この「プレーリーワン」。(コンビ名を覚え間違えてたらスイマセン)
3組の中で最初の登場だったのですが、緊張も感じさせず、堂々としていて元気がよかった。

3組とも、高校生らしい爽やかなステージで、楽しく笑わせてもらいました。
お笑いライブを見るというのは、迫力もあり、空気も伝わり、うまく言えないけど、とっても良かったです。これぞ生の醍醐味ですね。
Doまんなかモールのイベントとしても、これまで音楽演奏が多かったので、「お笑い」という新しい要素が加わり、新たな街の魅力になるといいですね

崎田恭平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です