ゆかたdeパーティ☆ ~夏のイベントもこれで一段落・・次は・・

今日は、たつみ流着付け教室と地域活性化塾どんげネット共催事業の「ゆかたdeパーティ」を、宮崎観光ホテルで開催しました。
この「ゆかたdeパーティ」は、共催事業ということにはなってますが、実質は、着付け教室の先生である外山たつみプレゼンツのイベントで、今年で8回目を迎えます。
宮崎観光ホテルで行うのは初めてでしたが、非常にいい雰囲気の中でイベントを進めることができたように思います。
来場者も150名以上。今年も外山たっちゃんの凄さを改めて感じさせられました。
お客さんも、学生からサラリーマン、マスコミ、経営者、農家の方などなど、様々な業種の方が来られており、なかなか盛り上がったのではないかと思ってます。

ゆかたパーティ①(どんげネット代表として主催者挨拶する私。カラオケ熱唱してるようなマイクの持ち方ですね(汗))

主催者側として、反省点を挙げると、参加者の皆さまに参加してもらうゲームなどで、ちょっと準備不足でドタバタしてしまったこと。
私個人のその原因としては、えれこっちゃでほぼ燃え尽きてまして、事前協議など、準備にしっかりと関われなかったことだったかなと思います。

まあでも、私も含め、どんげネットメンバーにとっては、失敗もいい経験かなと思います。
このようなイベントの運営を実践する機会というのは、ありそうでなかなか無い事ですので、貴重な社会勉強の場所と思ってます。

「地域活性化『塾』どんげネット」なので、若人が集まり、試行錯誤し、みんなで失敗もしながら、メンバーそれぞれが自分自身を高められたら、『塾』としてはよしとする事ができるのかなと、20代若輩者の代表は考えている次第です。
ゆかたパーティ②(宮崎観光ホテルから見る大淀川に上がる花火☆)

イベント終了後、片づけをし、メンバーを帰したあと、外山たっちゃんが協力をいただいたところにお礼に回るというので、ついて行きました。
こんな感じで、たっちゃんについて回るというのは久しぶりでした。
挨拶回りをする彼女を久しぶりに間近に見て、人と人とのつながりを大切にする外山たっちゃんだからこそ、あの規模でイベントを成功させる事ができるのだなと改めて感じました。

社会人となって宮崎に帰ってきて、しばらくして偶然知り合ったたっちゃんの存在は、私にとって本当に大きい事だったなと、今さらながらものすごく感じています。
出会った最初の頃、イベントの手伝いをしたり、いろんな話をする中で、たっちゃんは、社会人として、人として大切にしなければならない事をたくさん教えてくれ、また、各分野で活躍するたくさんの魅力的な人たちと知り合うきっかけを作ってくれました。
今、自分自身がいろいろな人に助けてもらいながら、この宮崎でいろいろなことができているのはたっちゃんのお陰と言っても過言ではありません。
・・・いつもは照れくさいから直接は言いませんが、ちょこっと書いてみました。

夏のイベントは、これで一段落。
次は秋に向け、「西都古墳まつり」だ!!

崎田恭平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です