仲間。

東国原知事らの講演会があった日の夜、友達の孝英と電話で話をしていたら、話が長くなりそうだから会って話そうかということになり、夜23時頃からファミレスで2人で話し始めました。
そうしてファミレスにいる間、電話がかかってきたり、かけたりするうちに、呼べる奴は呼ぼうかということになり、いつの間にか5人に。
いつも仕事が忙しい面々で、会って話をするのはいつも夜中のこんな時間。
今回も、5人が揃ったのは深夜1時前でした。
県庁マンに、画家に、カメラマンに、政治家とその奥さん。
なんだか、高校生時代に寮で友達と夜中まで将来のことを話してたり、大学生時代にやっぱり深夜のファミレスで、就職のことや恋愛のことなどを話してたときと、今もあんま変わんない感覚だな。
もう30歳もそんなに遠くなくなってきてるのに、いまだに将来のことについて熱く語ってる。
そこに集うみんなは、それぞれの分野の最前線で一生懸命がんばっていて、道は違えど、その辺が共通するからワイワイ盛り上がれるんだと思います。
早く帰らないと、明日の仕事がつらくなる・・とか思いながらも楽しいから帰りたくない・・・という気持ち。
こんな友達(仲間)ができてるというのは、幸せなことだなって思います。
そこにいるみんなはキラキラしてて、自分も負けないように頑張らなきゃって改めて思う。
自分が刺激を与えられるくらいになってやるぞ.。゚+.(・∀・)゚+.゚
この日は、朝方3時前に解散することに。
残りわずかな20代。悔いの無いように毎日しっかり歩いていくぞ。

崎田恭平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です