東京コンテンポラリーアートフェア2008

東京コンテンポラリーアートフェア2008①東京コンテンポラリーアートフェア2008②

もう去年の出来事になってしまいましたが、東京で開催された「東京コンテンポラリーアートフェア2008」に行ってきたことを書きたいと思います。
日本や世界の第一線で活躍している日本人の作家のみが出展することのできる展覧会で、そのすごいところに友人である宮崎在住の小松孝英くんが招待されたということで見に行ってきました!

絵画を鑑賞することが好きになったのは、孝英に出会ってからです。
彼に出会うまでは、正直、芸術って難しくてなんとなくとっつきにくいものと思っていて、それまで美術館とかに行ったことも無かったのですが、孝英の好きなことを好きなように自由に取り組んでいる姿を見て、私も自分なりに自由に芸術を楽しめばいいんだと思うようになってからは、美術館やギャラリーに行くことが楽しくなっています。

東京コンテンポラリーアートフェア2008③昨年11月の北欧研修の際には、時間を見つけて、デンマーク国立美術館などにも少しだけ立ち寄り、ヨーロッパの芸術作品にも触れさせてもらったのですが、私としては、この東京のアートフェアの方がはるかに刺激的でワクワク感満載の内容でした。
これが日本の最先端を突き進む作家たちの作品なんだなと感服いたしました。

そして、会場では入場時にアンケート用紙も配られ、その質問項目には「今回の展示作品の中で良かったアーティストは誰か?」というものもあったようです。
(私は、アンケートはもらったのですが、飛行機の時間ギリギリまで会場にいてしまい、大慌てで会場を出たので、アンケートを書かずに帰ってしまいました。(苦笑))

そして、その人気投票の結果が美術雑誌の全国紙に掲載されていたのですが、それを読んでみると、なんと我らが「小松孝英」が3位に入るという快挙を成し遂げているのです!

東京コンテンポラリーアートフェア2008④もちろん、全国紙で掲載されるアーティストの人気投票で3位にくい込むという事実を聞いただけでも凄い事と分かりますが、私はその会場で他の作品のレベルの高さを見ているだけに余計に実感としてその凄さが分かります。
しかも、1,2位のアーティストは、既に全国的にも有名なので、会場では広いブースが用意され、目を引くような場所に何作品も展示してあったのに対し、孝英は全国的にはまだまだ無名なので、正直なところ、端っこにちょこっと展示してあるだけでした。
そして、その人気投票の4位以下の方でも、会場では孝英よりも目立つ場所に展示してあった有名どころのアーティストが何人もいたという状況・・。
へたくそな文章で、どれだけ伝えられているか分かりませんが、とにかくあのアーティスト達の中で3位というのは凄かったと思います。
もちろん、会場での配置とか人気投票の結果とか関係なく、実際に会場で見ていて、孝英の作品は光っていました゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

同い年で、同じ宮崎に住んでいる友達の活躍というのは、非常に大きな刺激でした。
私も負けずに、マジで頑張るぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です