「今年の西都古墳まつり」と「たっちゃん」。

22日(金)の夜は、「西都古墳まつり」の実行委員会。
完全に今年度の体制になってからの第一発目でした。

昨年度は、「総務班長」ということで、実質ナンバー3の大役を務めさせてもらったのですが、今年は、仕事で秋にビックプロジェクト(?)を控えているため、役職無しの平メンバーとして関わる予定でした。
・・が、協議の末、結局、「広報班長」を務めることとなりました。(苦笑)

かなりの高い確率で今年度で転勤になり、西都を離れるので、最後の年だし、役員として決まった以上は、本当にお世話になった西都の為に、微力ながら頑張ろうと思います。
西都の若手で、一番付き合いの古い丸山さんが今年の実行委員長です。全力で支えたいと思います。

明日、日曜の夜は、第9回目の「ゆかたdeパーティー」を開催します。
一応、「たつみ流着付け教室」と「地域活性化塾どんげネット」の共催となってますが、実質、『外山たつみ』で成り立っている夏恒例の大イベントであります。
宮崎観光ホテルが会場で、200人近い来場者を見込んでいます。
これだけの人を集めてしまう『たっちゃん』の人徳はすごいです。

彼女と初めて出会ったのは、5、6年前でした。
イベントの進め方から、人とのお付き合いの仕方、夢に向かって進むときに大事にしなければならない事など、本当にたくさんの色んな事を教えてくれた、私にとって大切な「お姉さん」です。
「刺激になるし、勉強になるから、会っておくといいよ」といろんな人を紹介くれ、その中には、まだそんなに有名じゃなかった頃の武井さんや図師さんがいます。
(図師さんを紹介してくれたときには、わざわざ私の為に喫茶店に、当時、木城町議だった図師さん呼んでくれ、3人でいろいろ話をさせてもらいました。)

「まつりえれこっちゃみやざき」に関わるきっかけを作ってくれたのも、たっちゃん。
今の私の活動があるのも、たっちゃんのお陰と言っても過言ではありません。

(そういえば、去年、西都古墳まつりの総務班長就任依頼があったときに、引き受ける自信が無く、どうしようかと相談に行ったのは、たっちゃんだったなぁー。)

どんどんビックになっていくたっちゃんは、現在、宮崎日日新聞の日曜日に「和のいろは」という連載を書いています。
是非、読んでみてください!

ということで、明日はスタッフとして頑張ります。
今夜は、この辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です