電波少女(デンパガール)の路上ライブ

今日は、日南市漁協での「初セリ」から、仕事初めの日の仕事スタートでした。

午後、宮崎観光ホテルでの賀詞交換会に出席した後に「電波少女(デンパガール)」の路上ライブに行ってきました。

このアーティストは、2人とも日南出身。
ヒッチハイクをして全国を回り、期間内に地元の宮崎県に到達することができたらメジャーデビューができる!というミッションで、それを無事に成し遂げようとする最後の路上ライブでした。

下積み時代も長い2人ですが、見事に困難を乗り越え、メジャーデビューをされます!
是非、日本のヒップホップを引っ張るようなアーティストに育って欲しいと思います。
ガンバレ!電波少女!!!

平成29年日南市漁業協同組合初セリ式

仕事始めの昨日は、平成29年日南市漁業協同組合の初セリ式が行われ、大野副市長と出席してきました。
私は挨拶と合わせて、セリ人もさせていただきました。
初セリには仲買人や関係者約70名が参加し、威勢の良い掛け声が会場に響いていました。

市長に就任して以来毎年、初セリ人をさせていただいていますが、その4回で過去最高値の鯛1匹が一万五千円でした!
今年も良い年となりますように。

2017年最初の辻立ち

毎月、月始めに行なっています日南駅前の辻立ち。
本来であれば、仕事初めの昨日なのですが、漁協での初セリが早朝よりありましたので、今日、駅前に立ちました。

手を振ってくださる方、挨拶をしてくださる方が多く、非常に元気をいただくと同時に身の引き締まる思いです。

日々のいろんなことに追われ、自分を見失いそうになるところもありますが、ここに立つと、安定した職業であった県庁を辞め、裸一貫で人生をかけて勝負に挑んだ、がむしゃらだった4年前の気持ちになります。

ここに立って、かけていただく言葉や表情一つ一つを心に刻みながら、前へ前へと必死でした。

今年は勝負の区切りの年であります。

「市長に就任しての4年間は早かったのでは?」と言われることがほとんどですが、私の感覚としてはその倍くらいの時間が過ぎた感じがして、とてもとても長かったです。

今年も一つ一つ努力してまいります。

油津商店街での若者のチャレンジ

新年、最初の投稿です。
今年も全力で頑張ってまいります。

日南市の油津商店街では、多くの若者がチャレンジをしてくれています。
最近の大きな話題は「奥田慎平」くんです。

年末には、写真のとおり、宮崎日日新聞に大きく紹介されました。

奥田くんは、名古屋大学の学生です。
今年の夏に行った学生対象の日南市でのビジネスコンテストをきっかけに日南市を気に入り、移住をして、「ゲストハウス」で起業までしてくれました!

詳しくは、以下のURLに内容が書いてあります。
そして、その「ゲストハウス」開業にあたり、必要な資金のクラウドファンディングにも挑戦中です。
目標金額は150万円で、まだ残り半分しか資金が集まっておらず、皆さんの応援が必要です。
https://camp-fire.jp/projects/view/15105

このような人財が、日南市の今の動き・勢いを支えています。
そして、それはそれぞれが厳しい壁を越えなければならない状況があり、苦労しながらも、将来を夢見て頑張っています。

是非、皆さんの応援のほど、よろしくお願いいたします!