Mfnet1周年と同期について

Mfnet1周年①
10月4日(土)は、第11回Mfnet勉強会でした。
今回は1周年記念の勉強会です。

↑ スタッフは、宮崎市民プラザに、午前中から集合して準備を行いました。

Mfnet1周年②今回は、まず、この1年間で開催した10回の勉強会を、写真や映像などを使いながら振り返りました。

そして、これまでの参加者に回答をお願いしたアンケートの検証報告をし、今後のMfnetの方針を発表しました。

Mfnetとは「若手行政マンの自主勉強会」であるわけで、『人間力を高める』というのが会としての大きな目標であることを改めて明確にし、その手段として3つのこと(①講演会・勉強会②政策研究・提言③地域・参加者との交流会)をやっていくと発表しました。
これが、今までの運営してきて、アンケート結果の検証もしながら、スタッフで1ヶ月以上の議論を行ってきた結果です。

Mfnet1周年④『人間力を高める』というのは、Mfnetの活動を通して、参加者同士が切磋琢磨し、自分自身を高めていくことが、職場である県庁や市町村役場において、よりクオリティの高い仕事ができることに繋がると考えての目標であります。

・・・ここに書いたことだけでは、我ながらちょっと言葉足らずな感じですが、簡単に駆け足で書きますとこのような感じです。

Mfnet1周年③後半は、第1回目の講師であった初鹿野聡さんとの座談会。
この方針について、議論を深めました。

月曜日である今日、この日参加してくれた県庁の後輩になる女の子から、熱い熱いEメールをもらいました。
今、自分が仕事以外のところでも頑張ろうとしていることについて私にその思いをメールの中で語ってくれました。
本当に嬉しかった。

さあ、またこれからも、Mfnetも頑張っていきます。

そして話を土曜日に戻しまして、この日の夜はMfnetの交流会もあったのですが、私はそれには行かず、県庁同期である「しんちゃん」の結婚式2次会に行ってきました。

しんちゃん結婚式二次会私は、この二次会の幹事。
小道具なども事前に準備して、一生懸命盛り上げました!!

新郎新婦の温かい性格そのままが伝わってくるような会になったように思います。

それもこれも、共同幹事であったD介のおかげ。
俺が、最近忙しかったのを察して、いろいろ動いてくれて、ばっちり全体をまとめてくれました!

俺は、得意の司会進行で活躍しました。(笑)

そして、その後、三次会へ。
同期男子8人くらいで語りました。

う~ん、いろんなことを考えた時間になりました。

感想はいろいろありますが、その中で一つだけ書いてみると、I君の目の奥に秘めた熱いものを改めて感じれて良かったです。

同期のみんな、いい意味で切磋琢磨して頑張るべ。
どんどんかかってきなさい。(笑)

日南市長と。日南の若者と。

谷口日南市長フォーラム?
10月3日(金)の夜は、日南市青年団協議会主催の地域活性化フォーラムに行ってきました。
今回の講師は、谷口日南市長。

後半の1時間は座談会形式だったのですが、そこで感じたのは、若者の切迫した生活への危機感です。

谷口日南市長フォーラム?就職氷河期に就職活動を行った世代(大卒だとおおむね1970年代から1980年代初頭生まれ)である、まさに私の年齢くらいから今の30代までは、朝日新聞に「ロストジェネレーション」とも表現された世代になります。

今まさにこの世代が、今から社会を引っ張っていかねばならないくらいの年齢になりつつあるのに、地域のことに取り組むこと以前に、結婚や子育てなど「生活をしていくこと」全般について経済的に不安を抱えているわけです。

私は、自分の住む地域で自己実現できる人生を送ることが、まさに「地域づくり」だと最近よく考えるのですが、しかしまずはその前提条件である生活基盤整備をどうにかしないといけないんだと、今回改めて痛感しました。
今の20代や30代が抱える問題と、40代や団塊の世代以上の問題は、分けて考えるべきところもあると思います。

でも、その一方で、自分たちの地域について一生懸命考えて、発言をする参加者メンバーの話を聞いていて、自分たちでなんとかどうにかしていきたいんだというエネルギーも感じました。

フォーラム終了後、青年団会長の藤沢さんと、ファミレスで食事しながら語りました。
今回のフォーラム感想をお互い話しながら、じゃあ今から自分たちに何ができるのか、何をするのかを話す中で、だんだん熱くなってきて、なんだかやる気がみなぎってきました!
さあ、やるぞ。
一つ一つ積み上げていきます。

弟の結婚。

ご無沙汰しています。
部屋のインターネットの調子が非常に悪く、ついにここ2,3週間は繋がらなくなっていました・・。
実は、直近のブログは、知り合いの事務所でパソコンを借りて投稿していました。
(もちろん、職場のパソコンは使えませんので。)
しかし、怒濤のごとく予定が立て続き、最近は、人の家に行ってパソコンを借りるような余裕も無くなっていたのですが、なんとかせねばとLANケーブルを替えてみたら、ネットが復活しました!(喜)
狭い我が部屋の中で、何度か、LANケーブルに足を引っ掛け、強く引っ張ってしまい、大丈夫かなーと思っていましたが、多分それが原因だったのでしょう。
とにかく生き返ったようですので、「真夜中のブログ更新生活復活!!」ということで、今後ともよろしくお願いいたします。

今日、こんなに早朝の更新となったのは、昨夜は自分の駐車場に帰り着き、エンジンを止めた後、眠いなーと目を閉じたら、次の瞬間、朝の4時過ぎでした・・。
疲れてるのかなー。

西都古墳まつりH20.10.2①西都古墳まつりH20.10.2②
昨夜は、仕事終了後、西都市観光協会に行き、職員の方と古墳まつり関係の打ち合わせをし、まつり事務所に移動して、三役及び総務会をして、また移動し、炎の祭典班の練習に少し顔を出してきました。
(写真は、「炎の祭典班」の練習風景。)

その後、宮崎に戻って、児童養護施設での学習指導ボランティア。
今夜は、受け持っているその子が苦手としている社会に初めて取り組みました!
中2の歴史ということで、日清・日露戦争を勉強しました。
「社会は全然分からんよ」というその子でしたが、結構楽しく勉強してくれたように思います。
私も楽しい気持ちで家路に着きました。

ここ最近は、何をしていたかというと、平日の夜は、Mfnet(宮崎県内若手行政マン自主勉強会)1周年に向けた打ち合わせや、西都古墳まつりの打ち合わせ、消防団の集まり、児童養護施設での学習指導ボランティア、・・・そして、その合間を縫って、北欧の社会制度についての勉強をするなどしておりました。
まあ、いつも通りな感じです。(苦笑)

(仕事では、台風接近時に、職場待機で徹夜勤務の日もありました。)

消防団旅行H20別府先々週の週末は、消防団での年に1回のお楽しみである研修旅行で、大分県別府市に行ってきました!
消防団は、緊急時はもちろんのこと、台風災害待機や冬期の夜警、人工呼吸やAEDなどの講習もある夏期訓練、地元の祭りでの警備など、様々な地域活動をしています。
その活動をする仲間で、年に一度だけの楽しみがこの研修旅行です。
団員の先輩方や、同世代の仲間と、改めて親睦が深められるいい機会でもあります。
今年も、とっても楽しい旅になりました!

晃司結婚式②そして、先週末は、弟の結婚式でした。
崎田家は、男3人兄弟。
私が長男で、結婚したのが次男、三男が東京にいて、農林水産省に勤務しています。
この三男は以前のブログに登場しました。(写真付きのその時のブログはこちら→「東京にて。 ~我が弟と」

(あ、最初に断っておきますが、「お兄ちゃん、弟に先越されたね」とか「もうそろそろお兄ちゃんも・・」という言葉は、耳にタコができるほど聞きましたので、私の前で言っちゃダメです。)

今回、結婚した次男は、宮崎市消防局に勤めています。
救急隊配属で、救急車に乗って、頑張っているようです。

崎田家にとっては、初めての結婚式。
初めてのことだらけで、特に両親はドキドキだったようです。
(ちなみに、親父は、前夜まで挨拶文を考えていませんでした(笑)。 が、本番は、緊張していない感じで、いい感じに挨拶してました。)

もちろん、私にとっても初めての兄弟の結婚式。
私はビデオ係、三男の弟はカメラ係ということで、ドタバタあっという間に時間は過ぎていきました。

披露宴の後、新郎新婦は宮崎市での二次会へと行きましたが、崎田家親族一同は日南に戻り、再び祝宴。
最後は、スナック貸し切りで、みんなでカラオケでした。
両親が幸せそうで、良い一日になりました。

晃司結婚式①今回、一番印象に残ったのは、披露宴最後にあった新郎あいさつです。
両親も、兄貴の私も、弟にちゃんとできるかなと少し心配していましたが、なんのなんの立派な挨拶でした。
ゆっくり、自分の言葉で、自分の思いをストレートに伝え、会場も言葉の一つ一つに大盛り上がりでした。
う~む、すごかった。
兄貴である私には、あんなにしっかりとした挨拶ができるかな・・と思ったところです。(苦笑)

弟は、20代前半に大きな壁にぶち当たったのですが、それを乗り越えてきて、就職後も消防学校で鍛えられるなどして、立派に成長したのだなと思いました。

・・・私も、新郎あいさつ、頑張ろう!
(↑その前に、結婚式に辿り着こう。)

最後に、一つ。
弟が所属していた宮崎大学ソフトテニス部のみんなが披露宴を盛り上げてくれたのですが、そのいろんな出し物の中で、私と弟が一緒に写っている保育園に通っていたくらいの写真がスクリーンに映し出されました。
その写真の私は、変顔をしてたり、戦隊もののポーズを決め、したり顔をしてたり・・・、そこで、「恭平、強兵。」のテロップが出て、会場大爆笑。

・・・おいしいところを作ってくれた、N君、ありがとう。
ものすごく一生懸命準備してくれたのが伝わってきました。
お疲れさまでした。