中央から、そして地方から。

嫁とお台場に行きました。前回のブログに、「今夜続きを書きたいと思う」と書いておきながら、速攻で断念してしまっている私です。(苦笑)
今は、選挙前のため、国会は動いていませんが、人事院勧告が出るなど予算絡みの動きがあるため、その事務処理に追われている時期です。
自治体職員有志の会のシンポジウムについては、長くなりそうなので、後日に延期します。
(↑ 嫁と少し前に一緒に行ったお台場から見えるレインボーブリッジの写真)

先日、厚生労働省で働いている大学の後輩と2人で飲みに行ってきました。
彼は、「九大ボランティアサークル(略して「九ボラ」)」の後輩で、国家一種試験に合格して入省している、いわゆる『キャリア官僚』であります。
大学時代も、よく一緒に飲んでいて、当時から激論している仲でした。
九ボラの活動の一つとして、障害児施設に行き、七夕の劇をしたのですが、私が主役の彦星で、私が彼に『彦星ビーム』を放つというハチャメチャな劇も一緒にやりました。(笑)
大学卒業後、私が宮崎に戻ることになったときには、「最後にじっくり語りたいです」と言ってくれ、大学近くの居酒屋で、がっつり将来について語るなどしたのも、彼との楽しい思い出の一つです。

昨年度末に、県庁から東京行きの内示が出たときには、すぐに彼に電話をしました。
今の職場においても、私が仕事でやりとりをする課などに、「自分の先輩が来てるからよろしく」と言ってくれてるようで、何かと世話になっているところです。

ということで、もちろん、仕事後に2人で時々飲みに行っています。
昔から遠慮無く議論をする仲でありましたが、彼は中央官庁の中枢にいて、私は地方で働いている訳なので、地方分権についてなど、以前よりもまして、建前抜きの白熱した議論を焼酎片手に延々としています。
(彼と飲むと、だいたい終電を逃します。彼は酒が非常に強いので、終わるタイミングは私が気持ち悪くなったときです。(笑))

こうやって2人で語っていると、彼が国を良くしていきたいという信念を持って、官僚という立場で一生懸命頑張っているのを改めてひしひしと感じます。
大学時代の話とはまた一つ違った、本当に楽しい時間です。
お互いに厳しいことを言い合っているのですが、向こうも楽しそうに議論してきます。

国で仕事をさせてもらうようになってから、県庁時代には見えなかったことが見えてきているように思いますし、その中で彼のように細部にわたるまで本音で議論できる仲間がいるというのは本当にありがたいことです。
東京にいる今しかできないことをたくさん経験し、精一杯多くのことを吸収して宮崎に帰りたいと思います。
少しでも日南や宮崎に還元できる人材となれるよう頑張ります。

「中央から、そして地方から。」への1件のフィードバック

  1. 休日も充実してますね。
    それに結構回りに頼りになる知人がいてなかなか頼もしいですね。
    日本の為に、宮崎の為に、そして日南の為にますます充実した毎日を過ごされることを期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です