おはようございます!

初めまして。さきたの妻です。
初めてブログを書きます。
これから度々書いていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

まずは、皆様にお伝えしたいことがあります。
さきた恭平を応援してくださる皆様、後援会の皆様、親戚の皆様、家族のみんな…連日朝早くから夜遅くまで、さきた恭平のためにご支援いただき本当にありがとうございます。いくらお礼を言っても言い足りません。皆様のため、日南のため、人生を賭けてこの日南を活気溢れる素敵なまちにします。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

本日より、毎週水曜日の朝は北郷にて辻立ちをすることになりました!
皆様に手を振っていただいたり、お声かけいただくことが、さきたの励みとなります。手を振るのは少々照れがあるかもしれませんが、見かけた際には、どうぞ思う存分手を振ってください

息子が起きましたので、今日はこの辺で失礼します

事務所開きを行いました。

事務所開き2013.01昨日(1月20日)は、「さきた恭平」後援会事務所の事務所開きを行いました。
100名ほどの来場があればありがたいと思っておりましたが、それをはるかに上回る170名ほどのご参加をいただきました。
イスが全く足りず、用意していていた資料も全て無くなる状況で、たくさんの方のお顔を拝見していると、この感謝の気持ちをどう表現していいのか分からないという心境でした。

その事務所開きの式典の中で、私から挨拶をさせていただきました。
以下のホームページ(You Tube)から、その挨拶(演説)をご覧いただけます。
是非とも一度ご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=kHQ0l_6as0A&feature=youtu.be

今からです。今から始まります。
現状維持は停滞の始まり。
停滞を選ぶのか、飛躍を目指すのか。
人生をかけて、やり抜きます。

全ては行動で。

ミニ集会(西弁分)①ミニ集会(西弁分)②

今週、吾田のある地区でミニ集会を行いました。
南郷、北郷に引き続き、3回目。
自治公民館単位でのミニ集会です。

精一杯思いを訴えてまいりました。
私が行うミニ集会は、ご来場の方に質問していただく時間の方が、私の冒頭の演説よりも長く取らせていただいています。
しっかり意見を聞き、それについて一つ一つ考えを答えさせていただいています。

また、昨夜は、私の後援会による会議を行いました。
熱い熱い議論となりました。
全ては行動でしか解決しません。
今日から、今から仕切り直しで動き出してまいります。

最後に、私のホームページにて、シンポジウムの案内を掲載いたしました。
中身の説明は、後日に行います!
まずはホームページをご覧ください!!
http://www.ugokidasu.jp/

「崎田恭平HPができました」&「ジェネレーションY世代のすごいやつ(その2)」

クローバー女子会にて挨拶本日昼間は、同世代の女子会(プラス旦那と子供)にて、挨拶(自己紹介+私の考えを述べる)をさせていただきました。
「このままの現状維持では停滞への始まり。」「なんとしてでも日南を変えなければならない。」
情熱を精一杯伝えさせていただきました。

このときに聞いていただいた方が、その様子をブログに書いてくださっています。
是非ご覧ください。↓
http://ameblo.jp/riri7392/day-20130114.html

成人式2013①成人式2013②

昨日は、成人式がありました。
同級生に久しぶりに会って、嬉しそうな新成人たち。
是非とも、明るい未来を切り拓くたくましい大人になってほしいと思います。
(左上の写真がめちゃくちゃいい感じで撮れています。クリックすると大きくなります。)

北郷町訪問2013年1月この3連休も油津での朝市にて辻立ちをしたり、上記写真のように一人一人と会って、思いを伝えて歩いています。

さて、前回のブログに引き続き、私を紹介・分析されているHPを貼り付けます。
是非とも読んでみてください。
http://skushi.net/519.html

前半部分のみ、原文のまま貼り付けます。
ジェネレーションY世代のすごいやつ 崎田恭平編その②
僕は地方自治体のトップに本当に求められる資質というのは、変化の時代を捉える嗅覚と時代にあった重い重い舵取りだと思う。
日本社会(国、県、市町村)の仕組みというのは、お役所が完璧に構築しており、そしてそのチェックを行うのが政治家・議会であり、大きな時代を担う方向性を示すのが市長などのトップの仕事だ。
日本の保守的な田舎で若者が立ち上がった時に、必ず言われる言葉は、【まだ、若い】【経験が足りない】【実力不足だ】などの言葉だけれど、その経験や実力を、役所・行政という仕組みが完璧にフォローするのでれば、上記に上げた3つの不足を表す表現は的を得ていないような気もする。(感情的には理解できるけど)
優秀な行政が骨組みを作るからこそ、時代にあった舵取りができる若いトップが誕生した多くの市町村は軒並み成功している。

(つづく。→→続きは、下記URLからご覧ください。)
http://skushi.net/519.html

今日の最後に私のホームページができましたので、ご覧ください!
http://www.ugokidasu.jp/

ジェネレーションY世代のすごいやつ

新年最初のブログ更新です。
今年は、私の人生にとっても大きな節目の一年となります。
勝負の年です。やり抜きます。

年末年始は、市内各所で辻立ちを行いました。
正月辻立ち③辻立ち④
この期間は、一人で立つのではなく、応援してくださる方々と複数人で一緒に立って行いました。

選挙前同窓会このほか、同窓会や消防団飲み会などなど、様々な会に呼んでいただき、挨拶をさせていただきました。思いや政策を真摯に訴えています。

門松2013また、門松が事務所の前に立っていますが、支援者の皆さんのご好意で手作りで作ってくださいました。(竹から何から全ての材料を山から切ってくるなどして用意してくださいました。)本当に嬉しいことでした。
いろんな方に支えていただいて、政治活動ができることを実感します。

今日の本題です。
とあるホームページで、私のことを紹介してくれています。
こちらをクリックしてください。→http://skushi.net/466.html

冒頭のところだけコピーします。
『ジェネレーションY世代のすごいやつ 﨑田恭平編その①』
今、全国の知事選や市町村長選が熱いと僕は思っている。
全国でも至るところで、変革の波がおきていて国政なんかよりも実はずっと熱いんだよね。
実は、めちゃくちゃ熱いことになってる地方自治体は全国に結構多いし、ラッキーな事にそんな変革者が貴方の身の回りや地元にいたら是非応援してあげてほしい。
地方自治体のボスというのは、かなり裁量における自由度が高く、僕らが考えるよりもとってもとっても大切なお仕事で裁量次第でクリエイティビティあふれる独自路線を歩み、かなり面白い取り組みが出来る。
その最たる例が、樋渡啓祐市長率いる佐賀県武雄市で、今回は武雄市の紹介ではないので詳しくは書かないけれど、僕の暮らす串間市のお隣日南市でも、市政を変革しようとジェネレーションY世代が奮闘しているので、変革に挑戦している仲間を一人、ジェネレーションY世代のすごいやつということで紹介していきたいと思う。

○ 宮崎県日南市長選に挑戦する崎田恭平33歳

僕が初めて彼と出会ったのは、日南商工会議所で開催される若手事業者向けの勉強会・振徳塾で僕が初めて講演させてもらった時に、彼は塾のメンバーとして参加していた。
当時はまだ県庁職員で、なんだか爽やかで積極的な真面目な奴だなぁなんて思っていたら、ところがどっこい、時代の当事者として、また変革者として、本気で地元を愛し、安定した県庁マンという職を捨てる覚悟で、人口五万人まだまだ保守的な日南市で市長選に出ることを決意していた、とてつもなく熱いやつだった。
・・・(続く)

ということで、前半部分をコピーしました。
続きは、ホームページをご覧ください。
今後も何回かに分けて書いてくれるようです。

書いた人物は、久志尚太郎。
元デルの社員で、かなりの結果を出してきた人物であり、現在は串間市でソーシャルビジネスを展開中です。
串間市での取り組みがNHKで紹介されて、スタジオゲストで呼ばれたり、ラジオでもゲストで呼ばれるなど、宮崎県の若手で注目されている男であります。
(上記ホームページにも経歴が書いてあります。)

このような取り上げに恥じぬよう精進してまいります。
今年1年、死力を尽くして活動していきます!!