原点をブレずに。 ~児童養護施設でのこと

私は、大学時代、福岡にある児童養護施設にボランティアとして通っていました。
大学は工学部だったのですが、今、こうやって行政の道を歩いている全てのきっかけを作ったのがこの時のボランティアです。
以前のブログに、この辺のことを何度か書いていますので、今回は省略します。

慈愛園メッセージ集(以下をクリックしていただくと、なぜボランティアの経験から行政へ進もうと決めたかを書いています。
 →2008年06月08日「教え子に子供。 ~私が県庁に就職した訳」

今週月曜は、当時お世話になったその児童養護施設の先生方が仕事で宮崎に来られるということで、夜の飲み会をご一緒させていただきました。

ここ最近は、どっぷり医療の世界に浸かっていますので(これが今の仕事(担当業務)でして・・)、普段の生活では思い返すことが少なかったりもしますが、こうやって先生方と当時の施設でのことを思い返して話をすると、熱い思いがよみがえってきます。

今の職種では、どうしても制度や枠組み、予算のことなどを取り扱う仕事であるので、ついそこばかりに目が行ってしまいがちですが、絶対に原点をブレずにいなければと改めて思います。

その原点とは、私が大学時代に強く自分自身に誓った「この子供たちのために、より良い社会の仕組みづくりをするのだ」ということです。
このことは、自分のど真ん中に据えて今後も仕事をしていきたいと思います。

また、2年前に、厚生労働省で仕事をしていた時は、福祉を担当していました。
社会福祉法人の経営やあり方等にも少し関わっていましたので、同じ福祉の世界でも、現場でのボランティアとして見えることと、国という立場から見えることは、また少し違ったりもします。
こういう貴重な経験をしっかり生かしていきたいです。

久しぶりに、当時接した子供たちのことを思い出しながら、自分が何を原点にこれからを歩いていくのか再確認した夜になりました。

飫肥本町通り。

こないだの日曜のこと。

菓子工房わかば①飫肥に行ってきました。・・・という表現が不適切なくらいすぐ近くの星倉に住んでいますが(苦笑)、飫肥の本町通りに行ってきました。

私の叔母が経営しているお菓子屋に行くためです。

地元の農業者関係の婦人会(←ちょっと表現が曖昧ですが、正確な名称を抑えていないものでお許しを)で、以前からお菓子作りをしていまして、遂にこれを飫肥の通りで店を構えて販売することになったところです。

店の名前は、「菓子工房わかば」。
場所は、飫肥本町通りの由緒施設『旧高橋源次郎家』のすぐ近くです。

菓子工房わかば②先日は、地元の新聞にもカラー写真付きで紹介もされまして、甥っ子(私)としては、早く行かねばということで行ってきました。

雪子おばちゃん(叔母)が、私が子供の頃から作ったときにはうちにも持って来てくれていた懐かしのお菓子から、さっぱりもっちりでとても美味しかった「日向夏かるかん」などなど、いろんな種類のお菓子が並んでおりました。

田舎のおばちゃんが一生懸命作る懐かしく素朴でとってもおいしいお菓子ですので、是非とも飫肥に来られた際にはお立ち寄りください!
(店内に中尾雪子さんがおりましたら、「恭平くんのブログを見て来ました」と言ってみてください。きっと会話も弾むはず!?)

少し視点が変わりますが、このように市民がまちづくり(町の賑わいづくり)にチャレンジするというのは、大変良いことで、素晴らしいことだと思います。敬意を表します。
できることなら、もう一歩進んで、雇用生み出すようなところまで行ければ理想形です。

地域づくり・まちづくりは、地域経済を回していけるだけの土台がないと継続していけません。

飫肥では、現在、『飫肥城下町「食べあるき・町あるき」事業』に取り組んでいます。
是非とも、こういう取り組みを応援していきたいですし、まずは、県外・市外から友達が来てくれたら「飫肥に行って『食べあるき』をしよう!」という風に楽しく活用していきたいと思います。

(日南では、最近、この他にも「新・ご当地グルメ 日南一本釣りカツオ炙り重!」がありまして、先日のMfnet勉強会(日南開催)では、午後の勉強会前にMfスタッフメンバー全員で「炙り重」を食べに行きました。(十数名分を事前に予約して食べました。)もちろん、私の提案です。大好評でありました。いえい!)

昨夜のことも書こうと思いましたが、遅い時間になったのでこの辺で。

『飫肥城下町「食べあるき・町あるき」事業』については、以下のホームページをご覧ください。
観光にちなんの旅「好評 飫肥城下町「食べあるき・町あるき」散策マップ」(←クリック)

最後に、もう一つ。
飫肥の名物の一つに「厚焼き卵」があります。
上記HPでも数店舗紹介されていますが、私のおススメは、「厚焼きたまご あらたけ」です!!
私の飫肥中時代の同級生が頑張ってるお店です!

昔は、殿様への献上品であった「厚焼きたまご」。
お殿様のデザートです!是非とも御賞味あれ!!

ワクワクするおもろい社会を、みんなで創る。

金曜日のこと。
この日の昼休みは、ある先輩が日南から仕事で宮崎市内に出てこられるということで、ランチをご一緒しました。
いろいろ話をしましたが、仕事のことや地域社会のことを前向きに考えていらっしゃる方とのお話というのは大変楽しいものです。

私もその先輩も、30代40代ということで、社会における『責任世代』であると言えます。
子育て世代でもありますし、地域社会においても、それぞれが仕事をする組織・分野においても中核をなす世代です。

私も子供を持って改めて思うのは、この子供達に対して、まっとうな社会を引き継ぐことができなかったら、誰のせいでもなくまさに自分たちの責任だということです。
「自分たち」という言葉を使ってしまうと少しあいまいになるので、私は普段から「自分自身の責任」であると考えています。

これまでの日本が、平和で、先進国の一つとして豊かな国でいられるのは、これまでの先輩方が本当に努力をされてきたからだと思います。
しかし、今の日本は、自殺者が年間3万人を超え、将来に対して漠然とした不安を抱えている人が多数存在するような社会になりつつあります。

問題が大きすぎてどこから手を付けていいのか・・という感じもしますし、国政のゴタゴタがけしからんと言うのも(事実ですが)非常に安易で、それだけでは何の解決にもなりません。

まずは、自分が住む地域社会を充実したものにしたいと私は考えます。
これは、まず身近にできることから始められるからです。

地域に住む大人が、「自分たちのところは自分たちで良くするぞ」と動き出せば、何かが変わりだすと思います。
そういう地域モデルを実践し、成功させて、『日南モデル』として、この国全体に提示したいです。

そして、全国にそういう人材がどんどん出てくれば、地域は強くなり、その集合体である国家全体も強くなるはず。
最終的には、『強い国民をつくる』というのが目指すべきところだと思います。
つまり、「自分の人生や地域社会は自分たちで良くするぞ」と自ら動くことができる大人が地域にいっぱい出てくるということです。
まずは、自分自身がそうあらねば。頑張ります!

清山県議VS経営管理課若手
この日の夜は、とある若手地方議員と2、30代の若者との異業種交流会的飲み会を行いました。
企画者は私です。
普通の若者は、あまり政治家と話をしたことがないわけなので、最初は少し硬めでしたが、途中からはざっくばらんにイロイロ議論ができて、非常に良かったと思います!
Kさん、ありがとうございました。

みんなで、ワクワクする、おもろい社会を創っていきましょう。

自分の原点は何か。

あっという間に今週も終わりかけています。
日々に忙しく流されてしまうのではなく、一日一日を大事に過ごさねば。

ダメ。ゼッタイ。①ダメ。ゼッタイ。②

こないだの週末についてです。

まず土曜は、全国一斉に行われました薬物乱用防止『ダメ。ゼッタイ。』普及運動ヤング街頭キャンペーンに参加してきました。
本当に薬物は『ダメ。ゼッタイ。』です。

東京2011初夏②東京2011初夏①

日曜は上京し、とある勉強会に参加してきました。
この会には、昨年度から参加させていただいています。
ちょっと今は詳細について書かないですが、全国から高い志を持った仲間がたくさん集まる会です。

みんな、日本や地域社会を良くするぞと、人生をかけて戦っています。
私もここに参加することで、改めて志を磨くことができます。

本当に各地において真剣に動いている方々なので、ここにいると自分自身に何が足りないのかが見えてきます。
そういう意味では、ある意味、辛い場所でもありますし、もっともっと頑張らねばと自分を奮い立たせる場所でもあります。

今回もいろいろ痛感することがありました。
もっとがむしゃらに個別具体的な行動をし、勉強もし、将来を見据えて今できることを死ぬ気になって取り組まねばと思います。

「自分の原点は何か。」
今回、大きく頭に残った言葉です。
もちろん、これについては、自分の中にはっきりと認識しています。
ただ、もっともっと頭がちぎれるくらい考え抜きたいと思います。
そして、自分が進むべき道について、ぶれずにしっかりと歩みたいと思います。

さあ、また明日から頑張ります。頑張りましょう!