大事なものは何で、今は何を我慢せざるを得ず、でも、耐えることで見える光は何。

楠並木通りH23.5
ただいま県議会開会中です。

私のいる部署は、ここ数年、県議会からの質問が非常に多い状況です。
つまりは、それだけ関心が高く、問題意識を持っている方が多いと言えます。
今回の県議会でも、質問が複数出ています。

議会について、今、思うことを少しだけ。

地方議会での議論というのは、やはり非常に大事なものです。
地方分権が今後進んでいくと、地域のことは地域で決めていかねばならず、となると、地域が進む方向性を住民を巻き込みながらまっとうに議論ができる地方議会でないと、みんなが納得できる社会になっていきません。

地方分権のメリットの一つとして、テレビの向こうの国会の中で(つまり、遠い世界で)決められてきてた生活に関わる大事なことが、市役所や県庁の横の「地方議会」という住民に近いところで議論されるわけなので、より身近に、より声も届けやすくなることがあります。

しかし、政治不信が叫ばれて久しい昨今、地方議会において住民が関心を持つような議論(議会での質問)をしていかないと、政治・行政と住民との距離は縮まりません。
「関心を持つ」というのは、面白おかしくという意味ではなく、住民がしっかり議論してほしいと思う大事なことを素直に議論していくことだと思います。

その一方で、政治家になるには選挙を潜り抜けるしかないため、いわゆる旧来型の政治というのは、応援してくれた人の意見を聞いて、それをそのまま議会で質問するということがあったと思います。
もちろん、それも大事な声ですので、それが住民にとって真に大切なものであれば問題ないのですが、一部の人の利益を代表するような議論になってくると、旧来型の政治と変わりがなく、政治との距離を感じ、無力感というか、どうせ変えられない遠い世界のこと・・・となってしまいます。

K県議報告会H23.6今は、どの自治体も国も財政状況が良いわけではなく、「これは大事だから予算を付けてくれ」というだけでは、どうしようもない現状があります。
つまり、大事な課題はたくさんあって、その中から優先順位を付けざるを得ないのです。

また、ある意味において、「これが大事だから予算を付けろ!」というのは簡単で分かりやすいですし、有権者(もしくは支援者)受けも良いです。

しかし、現実は、あれかこれかを選ばざるを得ないのです。

住民の代表として選ばれてきた政治家にこそ、本当に大事なものは何で、今は何を我慢せざるを得ないのか、そして、今を耐えることでその先に見えてくる光を議論していただきたい・・・・・とかいうことを悶々と考えながら、汽車に揺られて帰宅する梅雨時期の夜です。

P.S.
日南線の終電で帰ってましたら、北郷駅でまさかのストップ。
大雨のため、線路をチェックしなければ進めないとのこと。。。そして汽車の中で1時間近く待つはめに・・・まあ、そのおかげでブログ原稿を書き上げてしまいましたが。(苦笑)

「俺も頑張るぞ」と思わせてくれる存在。

障害者スポーツ大会2011②今日は、延岡で地域医療に取り組まれている医師の榎本さんと別件で電話をした際に、「崎田くん、ブログは毎日更新しなきゃダメだよー」と激励(ダメ出し?)のお言葉をいただきました。
ということで、今日はなんとしてでも更新します。(笑)

榎本さんとは、もう6年くらいのお付き合いになります。
初めて会ったときには、宮崎大学医学部付属病院に勤務されていました。
榎本さんと出会ったのは、いろんな人との繋がりの中で縁あってお付き合いさせていただくようになりまして、学校の先輩後輩とか仕事で知り合ったとかでは全くありません。
もっと言えば、出会った当時は、「医師」というイメージよりも地域活動などパワフルにされている方というイメージが強かったです。
そして今、私が偶然にも県の医療の部署にいますので、そういう意味でもご縁があるなーと思っています。
(今日も、仕事で、医療の世界の基本的なことについて分からないところがあり、教えてもらうために榎本さんに電話したところでした。)

出会った当時は、大学病院の外科医として最先端の医療をされていたわけですが、今は医療資源が乏しく、大変厳しい環境と叫ばれている延岡に単身で乗り込み、地域医療に奮闘されています。
以前からお付き合いさせていただいている私としては、ある意味、榎本さんらしい人生の選択だなと思っていました。
延岡でも、「百円居酒屋」や大相撲合宿誘致など、数え上げればきりがないくらいの大活躍をされています。
先日のMfnetでは、榎本さんを講師として延岡にて開催しましたが、地域の方に本当に愛されているのだなと感じる場面を何度も目の当たりにし、すごいな、さすがは榎本さんだなというのと、改めて自分が生きていく道というのを考えさせられました。

障害者スポーツ大会2011①
考えたのは、自分の人生は、榎本さんのように後悔なく全力で走り抜けているかなということです。
やはり、まだまだだなと思います。

少しでも目標に近づくことができるよう一歩を踏み出さなきゃと思いますし、自分自身の力を蓄えることもしなきゃと思う最近です。
一つ一つ、しっかり積み上げていきたいと思います。

そんな風に私にいつも刺激を与えてくださる榎本先生のブログは以下のURLです。
http://enomo.oh-nuki.mods.jp/
今度は、NHKが密着取材をされるとのこと。すごいです。
私も、密着取材の依頼が来るくらい頑張りたいと思います。(笑)

にちなんにちなんだまちづくり。

品川風景H23.5またまた更新がストップしてしまいました。

5月は、東京や長崎、東北の被災地などの県外出張が多く、それに伴って業務が立て込んでしまい、日々に追われておりました。

6月は県議会が始まりますのでまだまだ落ち着きませんが、元気出して頑張りたいと思います。

飫肥杉勉強会①飫肥杉勉強会②

先週の土曜は、日南市でMfnet(宮崎県内若手行政マン自主勉強会)を開催しました。

今回の講師は、日南市役所職員で、飫肥杉課obisugi design推進室長(林政課)の河野健一さんです。
「飫肥杉は木材ではなかった。人材だった。」と題して、2010年度グッドデザイン・日本商工会議所会頭賞も受賞した飫肥杉を使った取組について、御講演いただきました。
内に秘めた信念と情熱がビシバシ伝わる内容で、改めて自分も頑張らねばという気持ちになった素晴らしい内容でした。
河野さん、本当にありがとうございました。
(その様子は、先日(6月11日)の宮崎日日新聞にも取り上げていただきました。)

飫肥杉勉強会③飫肥杉勉強会④

また、後半は、日南の魅力を生かして、域外に売っていける特産品or観光商品を作ってみよう!という課題でワークショップを行いました。
ワークショップ自体をやるのが初めてという方が半分くらいいらっしゃいましたが、楽しく活発に議論できたのではと思います。
(このワークショップは、以前のブログで書きました「にちなんみらいプロジェクト」として行わせていただきました。)

ということで、充実した勉強会を開催することができました。
また、このように日南市役所の方々と意見交換・交流ができるようになってきたことも大きな収穫です。

飫肥杉勉強会⑤松山課長今回、ある方が、日南側の人集めにもご尽力いただき、温かく見守って力強くバックアップしてくださいました。
そもそも、入庁当時、私がこの方に仕事でお世話になっていたことがきっかけで今回のことに繋がりました。

その方とは、元飫肥杉課の課長でもある松山課長です。
(↑写真は松山課長)

松山課長のお蔭で、このような素晴らしい会を開催することができました。
本当にありがとうございました!
これからも末永くよろしくお願いいたします!!