初めての生「プロジェクトK」。

丸の内の秋NHK「坂の上の雲」を見ました!
以前から、この放送を楽しみにしていました。

現代人であれば、その状況にいるだけで将来を悲観して塞ぎ込んでしまいそうなくらい、非常に貧しい不幸な状況であっても、激動の明治の時代において、前向きに強く自らの人生を切り開いていこうとする登場人物たちに、胸を熱くしながら見ていました。

改めて、こんなに恵まれた時代に生き、いろんなことを勉強させてもらえるチャンスも頂いている私は、もっともっと頑張らねばと気持ちを新たにしました。

プロK H21.11.2811月28日(土)は、『現代政治戦略研究会~ビジネスパーソン視点による政治分野の発表・議論の研究会~』という民間の方がほとんどの勉強会に参加してきました。
この日の講師は、NPO法人プロジェクトK・新しい霞ヶ関を創る若手の会(以下、略して『プロK』)の方でした。
このプロKでは、「霞ヶ関維新」という本を今年9月に出版していて、私もその頃に買って読んでいまして、興味があり、今回参加してきました。

9割方民間の方ばかりの勉強会にて、行政のことがテーマということで、後半の意見交換では非常に新鮮な意見も聞けて、興味深かったです。

その後、近くの居酒屋に移動しての懇親会へ。
講師をされたプロKの方は所用により帰られたのですが、別のプロKのメンバーの方と、たまたま席が近くなり、いろんなお話をさせていただきました。
(↑上の写真の女性の方です。)
プロKのメンバーは、霞ヶ関で働いている官僚の方でほとんど構成されているのですが、私がお話させていただいたこの方は、その中でも数少ない霞ヶ関経験も全くない完全民間人メンバーの方です。
非常に魅力的な方で、かつ、波乱万丈(!?)の経歴もお持ちで、お話させていただいて、とっても楽しい時間でした!

その中で、プロKの皆さんに宮崎に来ていただき、是非一緒に意見交換会(合宿)をしましょう!ということで盛り上がらせていただきました。
・・・ということで、宮崎のMfnetメンバーのみんな!!
来年は、キャリア官僚の皆さまとの合同勉強合宿を企画するので、(実際に実現するかどうかはスケジュール等や諸々の条件次第になるであろうと思いますが、)少なくともラブコールは送りたいと思いますので、一緒に頑張りましょう。
以上、ネット上にてMfnet事務連絡です。(笑)

プロKの「霞ヶ関維新」について、この日の講演と言いますか、本を読ませていただいての感想は、三つの国家像やPSR、M&A!(注:いわゆる企業買収合併の意味ではありません。詳しくは「霞ヶ関維新」をお読みください!)などなど、本当に素晴しい考えだと思いました。

あとは、その三つの国家像の一つである「協創国家」や、選択肢の拡大こそが真の豊かさ(「真豊国家」)というものを実現することにおいて、霞ヶ関が直接取り扱う国家レベルの問題で協創していけるのは、ある程度大きなところだけでしょうし(つまり一人の国民としては国家(霞ヶ関)は遠すぎて「協創」は難しい)、選択肢の拡大ということであれば、霞ヶ関で全国一括というわけにはいかないと思いますので、やはり『地方分権』ということが自然と出てくるのであろうと思います。
(著書を読みながら、「その手段は『地方分権』しかないでしょう」というのがずっと頭に浮かんでいました。)

官僚の皆さんの中で、地方分権という大きな流れは賛成だとしても、どれを国でやって、どれを地方でやるべきかについては、「総論賛成各論反対」に陥ってしまうのではないかと思います。

「小強国家」を目指すためにも、国でやることは絞って、やらないとした中での行政分野は、きちんと地方に任せていただきたいし、逆に国がやると決めたことは、必要であれば権限を強くしていってもいいと思います。

箸の上げ下ろしまで面倒を見ようとする霞ヶ関ではなく、地方を信じていただき、任せていただきたいと思いますし、また、地方側の人間として、信じてもらえるような地方にならなければと強く思いました。

最後に、今朝の宮崎日日新聞に、私のインタビューが掲載予定なのですが、本当に載ってますかね?(笑)
記者さんと、いろいろお話させてもらいましたが、どこの部分が使われているのか分かりませんし、東京では記事が読めませんので、どんな風になっているかとってもドキドキです。(苦笑)

東京の秋。

厚生労働省の秋①厚生労働省の秋②

厚生労働省付近が紅葉で色付いてきました。
晴れた日は、イチョウの黄色がとっても綺麗です。
ここ数年は、夏は「まつりえれこっちゃみやざき」、秋は「西都古墳まつり」の実行委員をやることで季節を感じていたので、そういう意味では寂しい気がしていましたが、東京でも季節を感じるものだなと思うところです。

東京国際フォーラム「介護の日」少し前になりますが、11月11日は、「介護の日」でした。
厚生労働省と全国社会福祉協議会の主催で、東京国際フォーラムにて、『平成21年度「介護の日」フォーラム』が開催されました。
私も動員がかかり、裏方の仕事をしました。
厚生労働省「介護の日」HP

私に割り当てられた仕事は、記念講演をされるジャズシンガーの綾戸智恵さん担当。
失礼なことをしちゃったらいかんなと、少しドキドキしてましたが、テレビそのままの本当に気さくな方で、私がスケジュールを説明すると、「兄ちゃん、あんた九州やろ!すぐ分かるで!」と明るく話してくださるなど、とっても温かい方でした。
(いつでもどこでも誰とでも宮崎弁丸出しの私です。(苦笑))
講演も、心に届く素晴しい内容でした。゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

続いて、先週土曜の「みやざきわけもんフォーラム」の打ち合わせの話を書こうと思いましたが、明日ちょっと早いので、今日はここまでにします。

昨日、宮崎のMfnetメンバーが、知事の前で、「かえるのたまご」プレゼンを行ったとのこと。
昨年、私も決勝プレゼンのチャンスを頂きましたが、知事賞は取れずに終わりましたので、是非とも、長尾たちの結果を楽しみにしています。
(昨年の宮崎日日新聞ネット記事はココです。知事に熱弁する私の写真付きです。(笑))

わけもんからの刺激

かなり久しぶりの更新となりました。
東京(霞ヶ関)での生活の中で、日々思うことが多くあるので、将来の自分へのメモという意味合いでも、こまめに更新したいと思うところです。
(どうしても、まずは睡眠確保・・となってしまうところですが・・・)

オレンジリボン厚生労働省11月は、児童虐待防止推進月間です。
「オレンジリボンキャンペーン」を厚生労働省も行っていまして、左の写真は、今の厚生労働省の外壁です。

窓ガラスにオレンジ色のパネル(紙?)を付けて、あとは不夜城の厚生労働省ですので、自然体で光が漏れて、キレイにオレンジ色が浮かび上がっています。

政権交代のため、予算編成が通常の年より大幅に遅れているところですが、加えて「事業仕分け」で激動の毎日です。
ネット上ですし、もちろん仕事の具体的内容は全く書くつもりありませんが、私が所属する課も「事業仕分け」の対象となり(私の係が直接当たったのではなく、隣の係でしたが)、報道から見える外から「事業仕分け」だけでなく、中から見える「事業仕分け」を体感し、非常に勉強になりました。

では、プライベートの話に入ります。

わけもんフォーラム(第1回)反省会少し前になりますが、先月、渋谷にて開催した「みやざきわけもんフォーラム」第1回の反省会を行いました。

場所は、行きつけの「宮崎県日南市塚田農場 新宿店」です。
(この店の入り口には、このときのフォーラム告知チラシと、フォーラム当日の様子を取り上げた宮崎日日新聞の記事を貼ってくださってます。本当にお世話になっています。。)

わけもんフォーラム11/21打ち合わせ?また、この3連休の初日は、渋谷にて、次回の企画打ち合わせを行いました。
←私が、人差し指を立てて熱弁を振るってます。(←これは演技。)
(※写真をクリックすると、写真が大きくなります。)
早稲田の学部生2人と大学院生1人が、新たに事務局スタッフとして加わってくれました。

大学生とじっくり話をするのは久しぶりだったように思います。
純粋な思いに刺激を受けましたし、これから「みやざきわけもんフォーラム」をどうしていくか、イメージが湧いてきました!
この内容については、今日は時間が無いので、次回以降に書きます。

ノンパ木村俊昭氏次の日の22日(日)は、ノンパ(首都圏自治体自主勉強会)に参加。
この日の講師は、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に取り上げられた木村俊昭さんです。
実は、先月、山形でお話を伺ったばかりではあったのですが、参加者同士でのグループワーク等もあるし、参加してきました。
しかし、ある意味予想に反して、木村さんからの少し視点の違うお話に、非常に色んなヒントを得ることができた勉強会でした。
木村さんの話を聞き、触発されてアイデアがいくつか浮かびましたので、来年4月以降、日南に帰ったときに実行しようと思います。

在京日南の会H21先日は、「在京日南の会」という東京在住日南出身者の会にも行ってきました。
(←写真は、谷口市長です。)
とってもアットホームな会でした。

その後、同級生や私の弟たちと、二次会へ。
その中で、同級生であるタカヒロの弟と15年振りくらいに会ったのですが、とってもたくましくなってました。
道は違えど、それぞれの道で頑張ってるみんなに会って、刺激と元気をもらいました!

さあ、東京生活も、あと4ヶ月ほど。
もっともっといろんなことを吸収して、もっともっといろんなことに挑戦したいと思います。