深夜のラーメン屋。

激動の霞ヶ関のど真ん中です。
担当している制度や事業についての業務に加えて、財務省や新政権からの指示、相変わらず本当なら2人配置のはずの係での1人での仕事。
いろんなことを任せてもらえるやりがいや幸せを感じながらも、週末確保もあやしくなり始め、終電で帰る毎日です。
(でも、貴重な経験ができているというやりがいが強くあり、気持ちは充実しています。)

話は逸れますが、地域振興課時代の先輩であるSさんが、出張ついでに私の職場に立ち寄ってくださいました。
とっても嬉しかったです!ありがとうございました。

また、西臼杵支庁の県庁の先輩が、五ヶ瀬特産のブドウを送ってくださいました。
霞ヶ関でしぼられているのだろうということで、陣中見舞いといったところだと思います。(笑)
職場の皆さんにも食べてもらったところ、「宮崎はブドウもおいしいんだね」って喜んでくださいました。
西都時代に、お互いボランティアで、西都古墳まつりの実行委員も一緒に務めた先輩です。
本当にありがとうございました。お気持ちが嬉しかったです。

今夜も終電になり、寮の最寄り駅である市ヶ谷駅を降り、晩ご飯が食べれなかったので、駅近くのラーメン屋に入りました。
あまり入ったことの無い店だったのですが、接客をされていた女性の方(愛着を込めて、これ以降は「おばちゃん」と書きます)が、とっても元気な方でした。
多分、50代くらいだと思います。

生ビールとギョウザとラーメンを注文すると(←だから太るのだというツッコミは聞こえない聞こえない)、一つ一つ持って来てくださるたびに、おどけた感じで元気に声をかけてくださいました。

おばちゃんが、他の席の器を片付けたり、洗い物をしたり、店長さんと話をしている姿をなんとなく眺めていて、この方は、何に対しても一生懸命な方で、笑顔を大切にされている方なのだなと感じました。

私は、ここ最近の疲れがたまっていたようで、かなり無表情な感じで店に入ったように思いますが、おばちゃんの仕事姿を見るうちに、だんだん自分が笑顔になっていくのが分かりました。

最後にレジでお金を払うときに、そのおばちゃんに、「おばちゃんと話をしたら、元気になりました」って一言だけ話をすると、「ガハハ」って大きな声で照れた感じで、私が店に入ってからの時間で最高の笑顔をされました。

店を出て、歩いて帰りながら、「また明日から頑張るぞ!」っていう気持ちになって、元気よく部屋まで帰り着いたところです。

改めて、笑顔って大切だなって思いましたし、そんな風に周囲を笑顔にできる仕事って素敵だなと思いました。

また、歩いて帰りながら、自分は仕事を通して、その対象となる人たちに笑顔を作れているのかなって考えさせられました。

私は、社会全体の制度と関わる仕事をさせてもらってます。
あのおばちゃんには、まだまだ到底追いつけそうにはありませんが、いつかはそうなれるよう、自分にできることを一つ一つ精一杯頑張りたいと思った夜でした。

「みやざきわけもんフォーラム in東京」

東京駅付近 H21.9久しぶりの更新となりました。
最近は、財務省に対する予算の説明に追われているところです。

では、今日の本題に入ります。
以下に書いていますとおり、宮崎出身東京在住者による、宮崎の未来を考える会を発足させます!!
ここまでいろんな出会いがあり、その人たちと協力しながら、やっとここまで漕ぎ着けました。
その辺の裏話は、今日は時間が無いので明日以降に書きたいと思います。

下の告知文の最後の方に、5人の発起人の名前と職業を書いています。
企業、NPO、大学院生、公務員など、多種多様なメンバーで立ち上げた会です。

そして、記念すべき第1回目は、私も講師の一人です。(笑)
来場していただいた方に満足していただけるよう精一杯頑張ります!

(↓ 以下、告知文です。)
—————————————————-

『くやしいけど、宮崎が好きだ!』って人、必見です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-第1回-
み┃や┃ざ┃き┃わ┃け┃も┃ん┃フ┃ォ┃ー┃ラ┃ム┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
                   主催:宮崎県人会わけもん部
—————————————————-
          10月10日(土) 15:00-17:30@渋谷
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「東京におっても、やっぱり宮崎が好きや~!」
 「いつか宮崎に戻って仕事してっちゃけど…」
 「ところで、今、宮崎ってどうなっちょっと??」

 宮崎は好きなんやけど、
 東京にいるとなかなか分からないリアルな宮崎事情。

 同郷飲みも楽しっちゃけど、
 それにプラスして、ちょこっとだけ真面目に
 今の宮崎について語ってみらんですか?

 「みやざきわけもんフォーラム」は、東京にいる宮崎の者
 同士で、宮崎について語り合いながら、
 宮崎のこれからについて、考えていく場です。

 決して、堅苦しいイベントではありません。(笑)
 宮崎について、皆さんと楽しくセッション出来ればと思って
 おりますので、お気軽にご参加いただけばと思います♪

《1》スピーカー紹介
――――――――――――――――――――――――――
●鶴岡 修 氏
 演題:『宮崎市の倒産を防ぐチャレンジ!』
—————————————————-
【コメント】
 夕張市財政破たん。平成18年6月、全国の自治体に衝撃が走る。一方、夕張市と同様、基幹産業が弱く、企業城下町でもない宮崎市。非「成長・拡大」の時代を生き抜いていくため、合併を経て、借金を減らす財政健全路線に大きく舵を切った。果たして倒産は防げるのか!?

【講師プロフィール】
 昭和45年生まれ、宮崎市出身。宮崎大学卒、平成5年度宮崎市役所入庁。入庁後、農村整備課(予算担当)、市民税課(住民税担当)、秘書広報課(広報担当)、 宮崎県W杯サッカー宮崎キャンプ受入事務局派遣(スウェーデン担当)、障害福祉課(就労支援担当)、宮崎県市町村課派遣、財政課に配属。平成21年4月から、横浜市行政運営調整局財政部財源課派遣。
・うれしかった仕事
 「動物園で就労していた障害者が民間企業に就職したこと」
・座右の銘
 「迷ったら前へ」「チャンスを最大限に活かす」
・宮崎市職員に必要なこと「宮崎愛」

●崎田 恭平 氏
 演題:「東国原知事が言ってた「地方分権」ってなんやと?
           ~「地方分権」で宮崎を良くしよう!~」
—————————————————-
【コメント】
 この夏、東国原知事や橋下知事が大きな注目を浴びました。キーワードは、『地方分権』。「そもそも地方分権ってなんやと?」「地方分権したら、宮崎はどうなると?」この国のカタチを大きく変えるかもしれない『地方分権』。みんなで考えてみましょう!

【講師プロフィール】
 昭和54年生まれ、日南市出身。九州大学卒、平成16年度宮崎県庁入庁。
 入庁後、地域振興課に配属。地域振興政策の企画立案、県内の地域づくりの支援に携わる。
 西都土木事務所では、道路・河川、都市計画の許認可を担当。それと平行し、西都市中心市街地を流れる桜川を活用したまちづくりの支援を行う。
 平成20年11月、北欧研修(スウェーデン、デンマーク)。ヨーロッパの地方分権、高負担高福祉国家について学ぶ。
 プライベートでは、「みやざきみらいフォーラム」、地域活性化塾どんげネット、西都古墳まつり、消防団、青年団、JC活動など、市民の立場からの地域づくり活動にも取り組む。
 平成21年4月から、厚生労働省社会・援護局福祉基盤課に派遣。
 「宮崎を誇りの持てる地域に」という思いで、日々奔走中。

《2》開催概要
――――――――――――――――――――――――――
 ■日時:10月10日(土) 15:00-17:30
     ※14:45開場・受付開始

 ■会場:NPO法人ETIC.セミナールーム
    (渋谷駅、原宿駅より徒歩8分)
     http://www.etic.or.jp/etic/access.html

 ■定員:30名
 
 ■参加費:100円(資料代)

 ■参加対象者:宮崎県出身者または、宮崎LOVEな皆さま

 【タイムライン】
  15:00-15:05  挨拶
  15:05-15:25  自己紹介
  15:25-16:05  鶴岡氏講演
  16:05-16:10  休憩
  16:10-16:50  崎田氏講演
  16:50-17:30  ワークショップ

 ※ワークショップのテーマ
  『あなたが知事になるとしたら?
      ~試しにみんなでマニフェストを作ってみよう!~』

 ※18:00からは、第2部として、飲み会を企画しております♪
  飲み会は別途3500円程度かかります。

《3》主催団体について
――――――――――――――――――――――――――
    ~『宮崎県人会わけもん部』発足しました!~

 「東京の地から、宮崎を盛り上げていきたい!」という想いを持った者が集まり、このたび『宮崎県人会わけもん部』という団体を立ち上げました!
 団体と言っても、『宮崎県人会わけもん部』としては今回のイベントが初めての企画ですし、サークル的なノリで、ワイワイ楽しく活動していきたいと思っております。
 という事で、現在メンバー大募集中です!
 ご興味のある方は、気軽にお問い合わせください♪

「宮崎県人会わけもん部」発起人
・土屋 有(株式会社あいけあ 代表取締役社長)
・桑畑 夏生(NPO法人ETIC.)
・加藤 真弘(慶應義塾大学大学院生)
・田鹿 倫基(株式会社リクルート)
・崎田 恭平(宮崎県庁)

《4》申込み方法
――――――――――――――――――――――――――
下記、申し込みフォーマットに必要事項をご記入の上、
メールにてお申し込みください。

 ・送り先:m.wakemonbu@gmail.com
 ・件 名:「みやざきわけもんフォーラム」参加希望
 ※定員になり次第締め切らせていただきます。

 —————申し込みフォーマット—————

  ご所属:
  お名前:
  出身地:
  メールアドレス:
  電話番号:
  第2部出欠: 参加する・参加しない
—————————————————-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【お問合せ先】
   宮崎県人会わけもん部(担当:桑畑・加藤)
   E-mail :m.wakemonbu@gmail.com
    Tel :090-5280-2336
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東京で、『日南』。

東京に戻って1週間以上過ぎました。
一瞬で仕事モードです。

高島屋①日曜日は、日本橋高島屋に行ってきました。
宮崎の物産展である「日向自慢みやざき展」が開催されているからです。

日南からも、マンゴーソフトがおいしい「道の駅なんごう」や、チーズケーキがとってもおいしく有名な「シェ・しらはま」などが出店されていました。

地域振興課時代からお世話になっています「道の駅なんごう」の横山駅長も来ていらっしゃって、マンゴーソフトを作られていたのですが、途絶えることのない行列で、超お忙しそうでした。
私も並んで買いましたが、変わらず美味しかったです!

また、店頭に立たれていた「シェ・しらはま」の社長さんと初めてお話をさせていただきました。
意欲的に事業に取り組まれているその姿勢に、私が元気をもらいました!

高島屋②そして、何を言いましても、「プリン工房イーナ」も出店しています。
社長である森山忍くんは、私のいとこです。
(←忍くん。日南市大窪出身。)

大都市の有名デパートで行われるこのような物産展にしょっちゅう呼ばれていて、全国を飛び回っています。

県庁の東京事務所の先輩からも、「あそこの焼酎プリンが好きなんだ」という声をいただきました。
宮崎市内に店舗がありますので、是非是非食べてみてください!とっても美味しいですよ.。゚+.(・∀・)゚+.゚

ノンパと川崎さんそれから新宿に移動し、「宮崎県日南市塚田農場」に行きました。
名前を聞いて、何?って感じかと思いますが、居酒屋の名前です。
日南市に直営の地頭鶏の農場があるとのことで、チキン南蛮も地鶏のもも焼きも美味しく、東京の人に宮崎料理を食べさせたいときは、ここが最高です。
最近、かなり通っている店です。
接客も元気がよく、面白くて素晴しいのですが、何と言っても店の名前がいい!新宿のど真ん中に、「宮崎県日南市」の看板が光っています。

そして、一緒に飲んだのは、東京の公務員を中心とした若手の自主勉強会メンバーです。
県庁の先輩でMfnetメンバーである川崎さんが、東京勤務時代にこの勉強会に参加していて、今回、川崎さんが上京するということで、これだけの人が集まりました。
川崎さん、すごいです。
私も、川崎さんたちからの紹介で、何度かこの勉強会に参加しています。
この日は、東京都庁や八王子市役所、帝国ホテルなど、いろんな職場の方が集まりました。
固い話から柔らかい話まで、とっても盛り上がりました。

土曜のことも書こうと思いきや、時間切れです。
今から出勤します!

夏休み。

東京から帰宮⑤久しぶりの宮崎です。
帰ってきた初日は、空港から直で県庁に行き、仕事上やり取りをさせていただいている福祉保健部を中心に、東京へ送り出していただいた西都土木関係(県土整備部)、地域振興課時代の先輩方などのところに挨拶に行ってきました。
訪ねた先々で話が盛り上がり、結局当初予定していた全てを回りきることができませんでした。(苦笑)
(西都土木事務所にも行きたかったのですが、車も無く、そもそも西都に行くことができませんでした。残念無念。)

東京から帰宮①2日目は、地元の日南市巡り。
←まず最初は、日南市青年団の会長である藤沢さんと、同じく青年団事務局長の山下さんが、最近、事業をスタートさせた通所介護の施設見学です。
ここは、日南の鍋倉設備工業(株)の一つの事業として運営されています。
先日、宮崎日日新聞の記事としても取り上げられたようです。
施設は、民家を改修したもので、床や壁はもちろんものこと、机やイスにも飫肥杉がふんだんに使われていて、また、場所も自然豊かなのんびりとした所にあり、非常に落ち着いた気持ちになれる環境が整えられていました。

お忙しい中、鍋倉設備の社長さんも駆けつけてくださり、とても嬉しかったです。
とても若い社長さんで、藤沢さんやスタッフの方とも一緒に、日南に住む若者が元気になるまちづくりをしていこうという話で盛り上がりました。

東京から帰宮②お昼になり、急いで、日南市社会福祉協議会の北郷支所に向かいます。
ここで、嫁の奈緒が4月から働かせてもらっています。
前から、帰省したときには、一度ご挨拶に行かねばと思っていたのですが、今回やっと実現しました。
「お昼は、料理を持ち寄るので、食べに来られませんか?」という、ありがたいお言葉をいただき、甘えさせていただきました。

職場に行ってみると、かつおのたたきから、くさだご、地元野菜のサラダなどなど、食べきれないと思うほどの料理が並べられ、とっても感激でした。
どれもこれも、とっても美味しかったです。
本当にありがとうございました。

東京から帰宮③そして、何を言いましても、元気のいい職場でありました。(笑)
北郷弁や日南弁で怒涛のごとく会話が繰り広げられ、最後まで笑いが絶えませんでした

渡辺支所長を始め、ごうや先生、寺坂係長、山下さん、やまわきさん、かりきさん、お団子を持ってきてくださった前田さん、本当に皆さま、ありがとうございました。

(↑ 写真撮影にもご協力ありがとうございました

東京から帰宮④北郷町と言えば、農園ぴくにっく!
ということで、次に向かったのは、古谷さんご夫妻のところです。

県庁入庁後、最初に配属された地域振興課時代に、仕事で関わらせていただいて以来、家族ぐるみのお付き合いをさせていただいています。

今は、嫁を時々「農園ぴくにっく」に呼んでくださるようで、お手伝いとかもさせていただき、楽しい週末を過ごさせてもらっているようです。心温まる午後の時間でした。

東京から帰宮⑧東京から帰宮⑥

夕方からは、日南線に飛び乗り、宮崎市内へ向かいます。
Mfnet(宮崎県内若手行政マン自主勉強会)のメンバーが集まってくれるとのことで、Mfnet御用達の「嵐坊」で地鶏を腹いっぱい食べて、飲んできました。
(右上の写真は、決して私じゃありません。N尾が勝手に私の携帯で自分の写真を撮っていたので、こういう結果に・・・。)

東京から帰宮⑦都城や小林、日向などからも含めて、13,4人くらい駆けつけてくれました。
(←女性陣に囲まれて)

東京から帰宮⑨叫んで笑って飲んで、東京での鬱憤(?)を存分に吐き出させてもらいました。.。゚+.(・∀・)゚+.゚

東京から帰宮⑩この日最後に会ったのは、画家の小松孝英くんを始めとした民間人グループ。
「居酒屋 照」→「かぶとむし」へと、宮崎時代のいつものコースで締めました。

←照では、大森うたえもんさんがいて、新婚の私たちへ向けて弾き語りのプレゼントをしてくださいました!
嫁も私も、愛のこもった温かい歌に感激しました。うたえもんさんは、とても気さくな方でした♪

東京から帰宮⑪次の日は、早朝から、日南市のゴミ収集場に行き、ペットボトルのふたの袋詰め作業をしてきました。

(←青年団の藤沢さんと)

これは、日南市青年団が取り組んでいる事業で、地道な取組が実を結び、市内の様々なところでフタの回収が行われています。
集めたペットボトルのふたは、リサイクルされ、その対価でワクチンがなく病気で苦しんでいる世界の子どもたちへワクチンを届けることができます。

この日は、30袋になりました!
汗だくになりましたが、とても爽やかな汗です。
これまでも何度か、私もこの作業に参加していますが、いつも晴れやかな気持ちになれます。

東京から帰宮⑫ということで、宮崎帰省中の全てのことは書ききれませんが、とにかく濃い数日間を過ごしてきました。

あ、実家にも、最終日の夜にやっと帰りましたし、弟夫婦に子供が4月に産まれましたので、初めての姪っ子にも会ってきました。

そんなこんなで、宮崎・日南にて心の充電をしっかりしてきましたので、残り7ヶ月、東京でまた頑張れそうです。頑張ります!