森林セラピー基地の「日之影」に行こう!

日之影町役場には、私が県庁1年目の頃にめちゃくちゃお世話になりましたHさんがおります。

毎年、いくつかの市町村から1名ずつ県庁に職員派遣がなされています。
私が県庁に平成16年度に入庁し、地域振興課に配属されたときに、同じく日之影町役場から地域振興課に派遣されたのがHさんです。

私が当時24歳、Hさんが29歳で、職場内で一番年が近かったHさんには本当に仲良くしていただきました。
仕事での相談に乗ってもらったり、二人で飲みにもよく出かけましたし、休みの日は男二人でダイエーホークスのキャンプに行き、見ていて野球がしたくなった二人はキャッチボールをしたり、バッティングセンターに行ったりすることもありましたし、私にとって大切な兄貴の一人です。

日之影町役場に帰られてからも、春には棚田祭り、夏には鹿川渓谷でキャンプ、冬には神楽に行き、また、どんげネットと日之影町青年団の皆さんとの交流が始まったりするなどもしています。
昨年は、Hさんの結婚式にも呼んでくださいました!

そして、日之影町には惹きつけられるものがたくさんあり、杉並木や広葉樹の中を歩くトロッコ道ウォーキングは心身ともにとってもリフレッシュできますし、日本一の高さを誇る石垣もある「石垣の村」は圧巻で、大好きな市町村の一つです。

今日は、そんな日之影町の魅力を満喫できるイベントの告知をさせていただきます。
日之影町役場企画開発課の(ほぼ)公認の告知です。(笑)

「森林セラピーツアー in日之影 ~日本一の石垣と棚田風景に出逢う旅~」

日  程 平成20年10月4日(土)
集合場所 日之影町保健センター
コ ー ス 石垣の村トロッコ道ウォーキング(2.5km)
募集人員 40名
参 加 料 4,000円
申込期限 平成20年9月26日(金)

【お申し込み先】
  日之影町役場 企画開発課 森林セラピー推進係
   TEL 0982-87-3910 FAX 0982-87-3918
   E-mail kikaku@hinokage.jp 
   URL http://www.hinokage.jp

【プログラム】
   9:00  集合
         健康チェック(血圧測定、健康相談)
   9:40  移動、出発準備
  10:10  森林ウォーキング ~石垣の村トロッコ道~
  12:20  昼食 -石垣茶屋-
  13:00  農作業体験メニュー
          ・農作業体験(稲刈り)
          ・集落散策体験
  15:40  買い物・アンケート -道の駅-
  16:00  解散

詳しくは、日之影町役場のHPをご覧ください。
現地の写真等もあり、イメージが膨らみますよ!
「森林セラピー基地 日之影町」HP
「森林セラピーツアー ~日本一の石垣と棚田風景に出逢う旅」HP

「西都古墳まつりブログ」開設。

この週末は、所用があり、福岡に行ってました。
(台風接近が早まれば、予定を変更してすぐ宮崎に帰らねばと思いましたが、なんとか大丈夫でした。)

せっかく福岡まで出てきたので、大学の同級生でサークルも一緒だった「ごつー」と久しぶりに会ったり、天神でカフェバーの店長をしている従兄弟の文晃のところにも行ってきました。
楽しい時間でした。

さて、本題に入ります。
今年も実行委員を務めています「西都古墳まつり」のスタッフブログを立ち上げました!
http://blog.goo.ne.jp/saitokofun/
いろいろ情報発信をしていきますので、よろしくお願いいたします。
(ちなみに、私だけが書くブログではなく、スタッフみんなで書くブログです。)

自分の周りにもたくさんある。

穂高パパ①穂高パパ②
「みやざきみらいフォーラム」のスタッフである穂高・美鈴夫妻に、第1子である女の子が昨日産まれました!
昨日は、産婦人科に行き、産まれたばかりの赤ちゃんに会いに行ってきました。
↑穂高パパ一日目、初めて我が子を抱いた写真です。
私も、抱かせてもらいました。
ほんと可愛かった.。゚+.(・∀・)゚+.゚
美鈴ママは、新米ママ一日目のはずなのに、完全に風格がございました。(笑)

古墳まつりH20.9.12②古墳まつりH20.9.12①

12日(金)の夜は、西都古墳まつりの事務所開きを行いました。
「事務所開き」ということで、都萬神社の神官さんをお呼びして、神事をします。
橋田西都市長も出席してくださいました。

神事が終わると、実行委員会。(←会議です。)
今から忙しくなります。
広報班長である私は今が一番忙しくなるところです。
頑張ります。

11日(木)は、日南で、若者たちとの地域づくりフォーラム準備会議がありました。
少しずつ前に進みだしています。
フォーラムはフォーラムとして、これから日南をどうしていくのか考えなければなりません。

最近、スウェーデンを始めとした北欧の社会制度や地方自治制度について勉強中です。
海外を意識することで、日本のことを客観的に見れるようになっている感覚があります。
勉強すればするほど、アンテナは常に高くしておかねばと痛感しています。

仕事でも、上記のようなプライベートのことでも、勉強させてもらえる場は、自分で意識していればたくさんあると感じる毎日です。
全力疾走でがんばるぞー。

臥薪嘗胆。

先日、本庁から嬉しい連絡があり、実は密かに準備を進めていたことがありまして、最近全てが終わりましたので、このブログに書きたいと思います。

今年の6月から7月まで、県職員に対して、「県政課題を解決するための政策提案や、事務の改善につながる提案・取組み事例についての募集をする」というものがありました。

『提案・かえるのたまご』という名前の取り組みで、私もチャレンジしてみようということで、自分で考えた事業を応募しました。

そして、その結果なんですが、188件の提案があったうちの最終審査に残った9件に、なんと私が応募したものが入りました!

ということで、審査委員である知事、副知事、部長・・という、県庁の幹部中の幹部の方々にプレゼンテーションするチャンスが与えられました。

その様子は、マスコミにも公開され、今週月曜日のUMKニュースと、宮崎日日新聞のネット版にその様子が流れました。
(私の姿は、そんなに長くは流れなかったのですが、数名の方から「見たよ」との連絡がありました。恐縮です。)
宮日新聞ネット記事は、ここ。(掲載期限切れになったらゴメンナサイ)

私のような20代の主事が、上記のような幹部の方々と協議や会議をするような機会はまずありません。
職員が多い分、組織が大きく、話をすることすら滅多に無いのです。
(ちなみに、「主事」というのは県庁内での役職名であります。県庁に就職したら、みんな最初は主事です。「主事」と書いて、「ぺーぺー」と読みます。)

今回、プレゼンテーションを行った提案名は、
新生『ひむか神話街道』 ~クローズアップロードの設定!
でした。

知る人ぞ知る、私が以前から執念を燃やしている「ひむか神話街道」についてであります。
「ひむか神話街道」のことが話題に上ると、宮崎県民の多くが口を揃えて言うことがあります。
今回の私の提案は、そもそもの切り口から変えようという内容でした。

結果は、・・・残念ながら知事賞受賞とはなりませんでした。
非常に残念でしたが、今回のような場でプレゼンをさせてもらい、とてもよい勉強になりました。

正直、とっっても悔しい心境ですが、この気持ちを臥薪嘗胆として、また次のステップに向かって頑張ります。

今回、プレゼンをするにあたり、関係機関に資料をもらったりする中で、西都市役所にも御協力いただいたのですが、知事プレゼンの数日前に、西都市役所の皆さんが私のために壮行会を開いてくださりました。
西都市長まで駆けつけてくださり、本当に感激しました。
(市長が来られたのはもちろんのこと、そのように段取りしてくださった課長を始め、職員の皆さんの心遣いに感激しました。)
県の出先機関の一職員に対し、こんな風に接してくださることが本当に嬉しかったので、なんとしてでも結果を残したいと思いましたが、現実は・・厳しかったです。

昨夜は、地元商店街と西都市役所、私が所属する出先機関との会議が開催されました。
その会議の冒頭で、今回のプレゼンをもう一度やってくれないかと会議の担当者から言われ、悩みましたが、資料作成にあたり大変御協力いただいた方からだったので、断り切れず、結局発表することになりました。
その会議での私のプレゼン後に、地元商店街の皆さんも、市役所の皆さんも、内容について議論をしてくださり(私が密かに落ち込んでいるのを察してのことだったのかもしれませんが(笑))、捨てる神あれば拾う神ありだなーと感じたところです。

今回、最終選考会に残ったことで、たくさんの方が応援して下さり、本当に嬉しかったです。
自分なりではありますが、頑張っている姿を見てくださる方もいらっしゃるのだなと感じられ、より一層、もっともっと真摯に頑張らねばと思うことができました。

しかし、結果は結果。
しっかり悔しさを胸に秘め、また仕切り直します。
臥薪嘗胆。頑張ります。

同期。

西都JC35周年①西都JC35周年②
6日(土)は、私も会員である社団法人西都青年会議所(JC)の創立35周年記念式典と祝賀会がありました。
厳かな式典と、みんなで一生懸命盛り上げた祝賀会で、非常に素晴らしい内容だったと思います。

祝賀会では、過激な出し物をやりました!
どんな姿形でやったのか、写真は撮りましたが、・・とてもネットに公開できないような恥ずかしい姿なので自粛いたします。
(見たい方は、要相談。)

4,5日(木、金)は、「5年目研修」でした。
(珍しく県庁職員としての話です。但し、もちろん担当業務に関係ない当たり障りのない話。)
入庁して5年目の同期が集められ、研修を受けます。
同期が一緒に研修を受けるのは、確か入庁1年目以来のこと。
(確か、次は「10年目研修」まで同期が一緒に受ける研修はなかったような。)
財政状況の細かいところなどなど、よい勉強をさせていただきました。

昼間は、みっちり研修でしたが、同期が久しぶりに集まるせっかくの機会ということで、夜は懇親会をしました。
例によって例のごとく私が幹事をしました。
非常に盛り上がったように思います。
(ブログ用に写真を撮ろうかと始まる前は思ったのですが、あっという間に過ぎて、結局忘れてしまいました。)

みんなと熱く語り合え、とても楽しい時間でした。
それぞれが、担当している業務や県政のこと、地方政治や国政について色々考えているなと感じれたところです。

その中でも、農業職の技師さんと話したときが、一番心がワクワクしました。
どうすれば宮崎の農業が良くなるか、農家さんを儲けさせることができるか、いつも全力で考えて頑張っているのがひしひしと伝わってきました。
(金曜日に、ばったり久しぶりに会った農業職の先輩も相変わらず熱く語ってくれました。(笑))

農業職の彼らを始め、同期達が考えていることを話してくれるときのその目はキラキラしちょりました。
私も負けずに頑張らんばと思った夜でした。