各分野で活躍する仲間たち

月に数回、一緒にワイワイ遊んだり、飲みながら語り合ったりする友達がいます。
そのメンバーは、画家、カメラマン、デザイン関係の仕事、居酒屋経営、(もうすぐ)社長などなど、その分野は多岐にわたります。

数年前に、画家やプロのカメラマン、デザイナーなど、宮崎の若手アーティストたちが集まる会があり、たまたまそれにちょっと行く機会がありました。
公務員である私は、全く共通の話題を見つけることができず、戸惑うばかりだったのですが、自分の能力を武器に、可能性を信じて突き進もうとする彼らは、とても輝いて見え、非常に刺激を受け、俺も負けていられないと心から感じました。

それから付き合うようになった彼らの存在は、今の自分にとって、本当にかけがえのないものになってきました。
いつも語りながら思うのは、お互い歩んでる道は違うけども、信念を持って、自分を信じて、その道を突き進むなかでぶつかる壁や悩みは、共通のものがあるなということ。
だから、まったく話が合いそうもない職業同士なんだけど、深く熱く語り合えるのだと思います。
道は違えど、切磋琢磨しあえるライバルです。
・・・いつの日か、このメンバーがそれぞれの分野の第一線で活躍して、宮崎を引っ張っていく日も夢じゃない!?かな(笑)
しろうさん飲み会(将来の日本を代表とする社長と画家とオレ(・・・俺はどうなるかな?(笑))

昨夜は、Mfnetの取材を、テレビ局と新聞社から受けました。
テレビ局は、UMKでして、今日の夕方のニュースで流れるかも。よければ見てみてください。新聞社は載ったときにまた書きます。

崎田恭平

西都古墳まつり準備スタート

今日は、西都古墳まつり実行委員会があり、各実行委員の初顔合わせと、いくつかの協議を行いました。

昨年から関わっていて、2年目なる今年は、「総務班長」という役職を任されました。
予算やすべての事業の元締めとなる総務班長は、例年、数年古墳まつりスタッフを経験し、他部署の班長を経験した人が務めてきたようで、昨年の総務班長は、今年の実行委員長・・(年数も浅く、地元の人間ではないので、実行委員長を私がすることはありませんが)
とにかく、重要な役割を任されたというのは間違いなく、身が引き締まる思いです。祭り当日の11月3、4日に向けて頑張ります!

会議終了後、今年の田爪実行委員長と丸山副実行委員長、炎の祭典班副班長の荒川くんと軽く飲みに行きました。
そこで、実行委員長と副実行委員長の熱い熱い思いを聞きました。若い頃からどっぷり古墳まつりに関わっているこの二人が、西都古墳まつりにかける情熱は本当にすごかった。
2年前、たまたま古墳まつりを友達と見に行ったのですが、そのときに見た幻想的で情熱的な「炎の祭典」に感動し、こんな素晴しい祭りが宮崎にあるのかと本当に誇りに思えました。
偶然、その1年後、仕事で西都と関わるようになり、現在の実行委員長を、地域活性化塾どんげネットのつながりで以前から知っていたので、スタッフとして誘ってもらい、今、こうやって関わるようになりました。
この二人を支えて頑張るぞと、改めて強く心に誓った夜になりました。西都古墳まつり19824

SHU-KEN ~宮大生と~

今日は、Mfnet代表のMさんから誘いがあり、宮大生3人と飲んできました。

宮崎大学に「SHU-KEN」というサークルがあるそうで、活動内容は、いろんな分野の社会人から話を聞いたりすることで、将来の就職活動に活かしていこうということのようです。(あってる?かとうくん)

※このブログを読んでくれた加藤君からメールをいただき、上記について、「将来の就職活動に活かしていこうという所が、正確には、宮大生の就職や将来に対する意識を高めてもらおうという活動」とのことでした。ちょっとしたニュアンスの違いですが、大きな違いですね。短期的な視点でものを考えるのではなく、もっと長期的なスタンスで物事を考えようとしてるだなと感じました。

今回は県庁職員ということで、M氏と私だったようです。ある意味偏った二人なので(Mさんゴメンなさい)、どれだけ役に立ったか分かりませんが、こちら側としても楽しい時間でした。
SHU-KEN
汚れてしまっているオジサン(私)は、心が洗われたような気がしました(笑)。
学生さんたちのストレートな言葉は、改めて自分の仕事について考えさせられ、むしろこちらの方がいい刺激を受けた時間になりました。

そのあとの2軒目は、いつもお世話になっているショットバー「ポトリージョ」に行きました。
市民活動支援センター(宮崎市民プラザ3階)でも、えれこっちゃでも大変お世話になっています松田さんのお店です。

ここで、M氏と松田さんを引き合わせ、前から温めてましたある計画で盛り上がりました。
近いうちに、宮崎市の中心市街地商店街「Doまんなかモール」のイベントの中で実現できるよう、頑張って計画を練ります!
外に出してもいい形になってきましたら、このブログでも発表したいと思います。
お楽しみに☆

崎田恭平

裁判員制度勉強会

今日は、異業種交流会の勉強会に飛び入りで参加させていただきました。

テーマは「裁判員制度」。
講師は、宮崎地方裁判所長の松尾さんでした。

普段、裁判所の方のお話を聞く機会なんて滅多に無いので、非常に楽しみにしてました。(もうすぐ公開の映画「HERO」の影響もあるかな(笑))

大学の終わりの頃、よく新聞紙上で裁判員制度のことがたくさん取り上げられていたように思いますが、今回、生で裁判長のお話を聞き、遂に実施段階にきたのだなと実感しました。

これまで全く公開されることが無かった「評議」に一般人が関わるというのは、裁判所側からすると不安もあるのではないかとも思っていましたが、所長の非常に前向きな捉えた方に、裁判員として関わるかもしれない一国民として非常に嬉しく思いました。

このあとに、地域活性化塾どんげネットの話し合いが入っていたため、参加者からの質問時間の最後までその場にいることができず、残念でしたが、非常に勉強になりました。

・・・今日は眠くなってきましたので、この辺で。おやすみなさい。

崎田恭平

Mfnet第1回勉強会準備

本日は、いつもの宮崎市民プラザにて、Mfnet(宮崎県内の若手行政マン勉強会)の打ち合わせを行いました。

先日(8/17のブログ参照)、NPO法人きよたけ郷ハートムの初鹿野さんにアドバイスしていただいたお題で勉強会(ワークショップ)のシュミレーションをしてみました。

初鹿野さんから具体的にアドバイスしていただいたのに、シュミレーションする中でメンバー全員最初のうちは、アドバイスのあった大事なところに「気づく」ことができず、最後にやっとなんとかそれにたどり着きました。
目先の問題点にとらわれて、本質に気づく事がなかなかできませんでした。
う~ん、改めて身にしみて勉強になりました。
・・・読んでる人には抽象的でよく分からないかもしれないですね。そんな方は是非この勉強会にお越しください!お待ちしております。

Mfnet第1回勉強会(宮崎県内の若手行政マン勉強会)
 日 時:9月8日(土)
      16:30 受付
      17:00 ワークショップ
      18:10 ワークショップ発表
      18:30 講演会
      20:15 懇親会
 場 所:宮崎市総合体育館 会議室
 参加費:500円
 講 師:初鹿野聡さん
     (NPO法人きよたけ郷ハートム理事長)

「気づき」というのは、みやざきみらいフォーラムの中でも、私自身が最大のテーマとしています。
中身ある勉強会にできるよう頑張ります!

それと、たまには「みやざきみらいフォーラム」の告知も書いときます。みんな来てね

第32回みやざきみらいフォーラム
日時:9月18日(火)19:00~21:00
場所:宮崎中央公民館 2階和室
講師:黒木定蔵 西米良村長
参加費:500円
(フォーラム後、懇親会も予定しております。)

※黒木村長との打ち合わせの様子は、8/13のブログに書いてま~す。

崎田恭平