「日南の未来へ向けて」カテゴリーアーカイブ

「動き出す日南」から「加速する日南」へ

昨日が、日南市長選挙の投開票日でした。
1万6359票を投じていただき、2回目の当選を果たすことができました。

初めての選挙であった4年前と比較すると、3,744票 多く投じていただき、また、得票率についても前回は過半数に届かない41.7%から今回72.1%に増加しまして、改めて身が引き締まる思いです。

しかし、投票率(50.6%)が過去最低となり、このことについて真摯に受け止めています。
日南の活性化を進めていくためには、これまで以上に市民の皆さまの協力が必要です。
私自身もこれまで以上に市政に邁進し、市民の皆さまとの対話をもっと増やしたり、市の動きを丁寧に説明していくことで、今回投票へ行かなかった市民の皆さまにも関心をもっていただけるよう努めていきたいと思います。

この選挙を通して、感じたことを書きます。

今回の選挙で感じたことの一番は、「たくさんの人に支えられて、この4年間 仕事をすることができていたことを肌身で強く感じたこと」です。

もちろん、頭では分かっていました。
市職員をはじめ、各分野の方がそれぞれの持ち場で動いてくださっているから、市政が進んでいくことを。

しかし、日頃の仕事の中では、基本は市職員に囲まれて仕事をしていますし、市民の皆様に対しても、私が直接語りかけるよりは市役所の各部署を通じて説明していくことが現実として多いわけであります。

(もちろん、「市長による市の動き報告会」など、直接ご説明したり、意見を伺う機会はできる限り多く設けてはいます。にしてもです。)

選挙というのは、市民の皆さまと直に接する機会が、当たり前ですが非常に多いわけです。

私自身、特に強固な支持団体や組織を持っているわけではなく、初めての選挙の時から草の根で応援してくださった方々をはじめ、手づくりの選挙を行っています。

なので、より一層、一人ひとりの方と接する機会は、日頃よりも選挙の期間の方がダントツに多いわけです。

各地域を選挙カーで回り、その声を聞いて、自宅や会社から出てきてくださった方と直接握手をし、声をかけていただきます。
また、夜の演説会では、この選挙中5日間で計8会場にて開催し、一人ひとりの方と握手しながら声をかけていただきます。

その中で、「4年間の実績は間違いない」とか「本当によく頑張ってきたよね」などの言葉を多くかけてくださいました。

また、各地域を細かく回っている中で、選挙カーの声が聞こえると、どの地区でも人がたくさん出てきてくださり、中には涙ぐみながら「頑張れ頑張れ」「負けちゃいかん」という言葉をかけていただき、私の方が感無量となる場面も何度もありました。

4年前の選挙と比較して、選挙カーの声を聞いて、飛び出してくださる方の数は断然多くなりました。
本当に本当にありがたく思います。

市長としての仕事は、まずは市役所職員が動いてくれなければ何もできません。

4年前、33歳の若造を市長として迎えた日南市役所は、不安の方が大きかったと思います。

にも関わらず、しっかり私の考えを汲み取り、考えを具現化し、たくさんの新たな動きを矢継ぎ早に途切れることなく打ち出していって、1期目の4年間を過ごせたのは、奇跡だったと思いますし、紛れもなく市職員の支えのお陰です。

そして、加えて何を言いましても、そのような崎田市政の動きを支持し、温かく見守り、時には強く後押しをしてくださったり、当事者として汗をかいたり、一緒にリスクを負ってでも動いてくださった市民の皆さまがいらっしゃったからこそ、この4年間があったのだと、選挙を通して痛感しました。

選挙戦を終えて、今の心境としては『感謝』しかありません。

感謝、感謝、感謝です。

本当に恵まれた4年間を過ごすことができたのだと肌身で感じました。

あと、選挙戦について、もう少し突っ込んで書かせていただくと、非常に厳しいなと思いましたのは、「大丈夫、大丈夫」という言葉です。

「大丈夫、大丈夫、選挙で負けることはないが」という意味の「大丈夫、大丈夫」です。

これは、本当に多くの方から言っていただいた言葉で、ある意味においては、私を少しでも気持ちを楽に安心させてあげようと温かいお心から言っていただいている場合も多いのですが、挑戦者で失うものが何もない時と、追いかけられる側になる現職の場合とでの難しさがあり、私個人は非常に危機感を持って選挙に臨みました。

しかし、そのような空気の中でも、後援会長をはじめ、特に選対本部長と事務局長が、高い意識・熱量のもとに選挙事務所の運営をしてくださり、そこからその熱量が多くのお手伝いに来てくださるボランティアの皆さんに伝わっていったので、選挙戦の後半は、選対本部の空気・チームワークについて前回の選挙を上回るものがありました。

今回の選挙に関わってくださった全ての皆さんに、改めて心からの『感謝』であります。

最後に、もう1人、心からの感謝をしなければならない人がいます。(正確にはプラス幼い2人も。)

私の家族です。
妻の奈緒が、この選挙戦を体をボロボロに消耗しながら、必死に支えてくれました。

加えて、子どもたち2人も、我慢させることも多かったと思います。

特に、妻は、この数ヶ月、いかなる時も私を信じ、献身的に支えてくれました。

奈緒でなければ、乗り切れなかったと思います。

(そして、両親と後援会長ご夫妻も、早い時間から遅い時間まで、黒子として必死に支えてもらいました。)

私は、本当にたくさんの方々の支えに恵まれて、日南市長の仕事ができていたのだと、強く深く肌身で感じることができた選挙戦となりました。

そして、選挙で支えてくださった皆さんに恩返しできるのは、改めて当たり前ですが、市長としての仕事しかないと思います。

日南市長として、もっともっと頑張ってほしいということで、たくさんの方々が選挙戦で動いてくださったわけであります。

2回目の当選後の初登庁が数時間後に迫ってきました。
1万6359票の重みを噛みしめ、新たな気持ちで日南市役所に向かいたいと思います。

「停滞を選ぶのか、飛躍を目指すのか。」

最後の更新①いよいよ最後の更新となります。
明日から公職選挙法に伴い、このようなホームページの更新はできなくなります。

立候補予定者による公開討論会は、写真のとおり開催されました。
このような機会がきちんと設けられたことは非常に大事なことだったと思います。
開催してくださった関係者の皆さんに、心から感謝申し上げます。

最後の更新⑲昨年夏に県庁を退職し、政治家としての道を歩き始めました。

初めての挑戦であるにもかかわらず、非常に高い高い壁を目指すことを決心しました。

序盤戦は、本当に厳しく、苦しい苦しい毎日でした。

地盤もない、知名度もない、金もない、選挙に対する経験や知識もない、本当に何もないところからのスタート。

しかし、諦めることなく、一人ひとりに思いを伝え、歩き続けることで、一人、また一人と応援してくださる方が増えてきました。

最後の更新②最後の更新③

最後の更新④最後の更新⑤

最後の更新⑥最後の更新⑦

最後の更新⑧最後の更新⑨

最後の更新⑩最後の更新⑪

最後の更新⑫最後の更新⑬

最後の更新⑭最後の更新⑮

最後の更新⑯最後の更新⑰

最後の更新⑱何もないところから始まった今回の挑戦。
私の思いに耳を傾けてくださり、私を信じてくださる方が少しずつ少しずつ増えていきました。

そして、最後の1週間を迎えます。

今、世界も日本も、時代の大きな転換期を迎えています。
変化を恐れて現状維持のままでいると、この先の日南市が大変な状況になってしまいます。
つまり、現状維持は「現状維持」ではなく、「停滞」への始まりなのです。
未来を見据えて、思い切った行動を起こさなければ、日南市の明るい展望はありません。

私は、「この地域を良くするんだ」と一緒に立ち上がってくださる人材がどんどん溢れてくる日南市を創り上げたいと考えています。
私たちの未来は私たちの手で創り上げないといけないのです。

『 停滞を選ぶのか、飛躍を目指すのか。 』

日南市は今から大きく変わります。
次の世代へ誇りを持って引き継いでいける地域になっていきます。

私たち自身の手で、私たち自身の未来を切り拓いていきましょう。

「さきた恭平と語る会」、ほぼ毎晩開催!!

211シンポジウム(仮)2月11日に行いました「日南未来創造シンポジウム」の報告ができずじまいのまま、数日過ぎてしまいました。
写真とおり、200座席用意したイスがいっぱいとなり、立ち見が出るほどの多くの方にお集まりいただきました。

フェイスブックは、スマホから毎日更新できていますが、ブログまで辿り着けていない最近です。
もう少し詳しいシンポジウムの報告は後日させていただくとしまして、今夜は昨日の報告です。

殿所ミニ集会先ほどではあるのですが、0時を回ったので、昨日の19時より、日南市東郷の殿所地区にて「さきた恭平と語る会(ミニ集会)」を行いました。
これまでで最高の約60名の方に来ていただきました。
まだまだ寒い時期の夜にもかかわらず、これだけの方に来ていただき、感謝の気持ちでいっぱいであるのと、改めて心底身が引き締まる思いです。

全力で私が今回にかける思いをお話しさせていただきました。
この集会の後も、飫肥地区にて20名ほどに集まっていただき、考えを聞いていただきました。

東郷地区は、この日を含めて、4日間連続で「さきた恭平と語る会」を実施させていただきます。
 ●2月26日(火)松永地区集落センター
 ●2月27日(水)益安構造改善センター
 ●2月28日(木)平山区自治公民館

時間は、全て19時~20時です。
東郷地区の方はもちろん、日南市民の方であれば他地域の方でも参加は全く問題ありません。
是非とも、一度、私の思いを聞いていただけたらと思っております。

また、さきた恭平ホームページに、これからの「さきた恭平と語る会」日程をアップしておりますので、是非ともご覧ください。
http://www.ugokidasu.jp/

創士2歳。&明日はシンポジウムです!!

飫肥ミニ集会⑥飫肥ミニ集会⑤

飫肥ミニ集会④飫肥ミニ集会③

横通りミニ集会飫肥ミニ集会①

「さきた恭平と語る会」をほぼ毎晩開催しています。
昨夜は、飫肥地区で4カ所目の開催。前鶴公民館でした。
飫肥1カ所目が40人以上、2カ所目が20人弱、3か所目が30人以上、そして昨夜の飫肥4カ所目が50人以上来てくださいました。
特に昨夜は、熱気むんむんという空気で、本当に盛り上がりました。

北郷ミニ集会告知次は北郷で行います。
是非ともお近くの方はご参加くださいますようお願いいたします!

北郷の未来を担う3人衆。一丸出航②
一丸出航①

そのほかにも、地域の未来を担う同世代の若手と語り、カツオ船の出航を見送る中で船主さんと漁業の課題を伺うなど、市内を駆け巡っております。

創士2歳バースデーそんな中、2月7日は、息子の創士(そうし)の誕生日でした。

私がずっと飛び回っており、その日の夜もミニ集会(「さきた恭平と語る会」)があり、帰りも遅い・・・ということで、昼間にお誕生日会をしました。

妻がお昼ご飯を作り、ケーキは後援会長である美津子さんのお店のチーズケーキでお祝いです!(絶品チーズケーキです☆)
祝う場所が自宅ではなく、私の時間の都合により、私の事務所であるのが申し訳ないですが。(苦笑)

息子は、前日に習得したばかりの2歳のポーズ(親指と人差し指を突き出す)で、ノリノリで写真に写ってます。(笑)
(※写真をクリックすると大きくなります。)
活動の合間の心の休憩。家族に癒してもらい、頑張ってまいります。

シンポジウム告知最後に、告知です。
私のホームページ上では、以前より告知しておりましたシンポジウムが、遂に明日開催です。
http://www.ugokidasu.jp/
トップページの下の方を見ると、申込フォームがございます。↑

タイトルどおり日南の未来を創造するシンポジウムとなりますので、是非とも御来場くださり、未来への光を感じれくださればと思います。
ご来場を心よりお待ちしております!

「さきた恭平と語る会」スタート。

北郷坂元スイートピー南郷エーコープ前H25.2.5

昨日は、スイートピー農家さんのところを回らせていただき、働いていらっしゃる方の前で演説をさせていただきました。(左上写真)
右上写真は、昨日の夕方にカッパを着て行った南郷エーコープ前辻立ち直前の写真です。

さだはるさんと。また、昼間の時間は、とにかく地域を歩き、一人一人の方とお会いし、想いを伝えて歩いています。

左の写真は、車を運転するなど一緒に回ってくださる支援者の方です。
支えてくださる方々の力で、今の活動があるのだと思います。
感謝、感謝、感謝です。

永吉ミニ集会永吉ミニ集会その2

昨晩は、飫肥地区の永吉公民館で初めての本格的なミニ集会(「さきた恭平と語る会」)を開催いたしました。
40名を超える参加者が会場に来ていただきました。
本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。

そして、来ていただいたことへの感謝の気持ちを、必死に言葉に込めながら、考えを述べさせていただきました。
大変盛り上がったのではないかと思います。

昨日から始まり、5日間連続でのミニ集会です。
全力でぶつかってまいります。

北郷ミニ集会告知最後に、北郷でのミニ集会の予定です。
坂元付近が入っていませんが、地元支援者の方々と調整中です。
少し時期をずらして開催したいと思っています。

2月12日(火) 大藤公民館
2月14日(木) 黒荷田公民館
2月16日(土) 新町公民館

時間は、全て、19時~20時です。

是非とも、ご家族・ご親戚・お友達をお誘いあわせの上、会場に来ていただけましたら幸いです。
何卒よろしくお願いいたします。