「霞ヶ関考」カテゴリーアーカイブ

霞ヶ関に座って聞こえてくる声 ~霞ヶ関考②

厚生労働省で私が昨年度いた係の現在の係長から、「ブログ更新を楽しみにしているから毎日更新頑張って」と電話で言われました。
いやはや、もったいないお言葉で、それなのにお粗末なブログ内容でお恥ずかしい限りですが、SGC係長のために頑張って今夜も更新します。(笑)

厚労省建物前回、前々回のブログにて、「霞が関が現場(国民生活)から遠い」ということを書き、また、霞が関が現場(国民生活)から遠いのは単なる事実であり、当たり前のことであって、そのこと自体が問題では全くないということを書きました。

霞が関は、国全体の大きな枠組みのことを直接的に扱うことができる唯一の組織で、だからこそやるべきこと(やれること)があるはずなのに、細々とした事業を一生懸命作ろうとしていることにものすごく違和感がありました。
(もちろん、小さいことだけでなく、大きなことも霞が関はやっていましたが。)

そして、その細かい事業を国がやるための手段として使われるのが、いわゆる「ひも付き補助金」というシステムです。

「ひも付き補助金」とは、国として地方にやってほしい事業(メニュー)を提示し、地方自治体(県・市町村)は、そのメニューの中から事業を選ぶシステムのことです。

国は、自分たちが考えた事業をやってほしいので、その事業費の1/2とか1/3とか、時には2/3を負担することで、地方に「是非やってみて!」と働きかけます。

地方は地方で、自前で中身を全て考えて、経費も全て負担して事業やっていくよりは、国が用意する『メニュー』の中から選んだほうが、何かあったら「国が考えた事業だから」という言い訳もできるし、お金も一部は国が出してくれるし、財政的にも助かるという理由で、ひも付き補助金を利用してきました。

結果として、全国の自治体が、国が作る同じメニューの中からチョイスしていくだけですので、ある意味において、日本中が霞が関のコントロールを受けてきたとも言えます。

今回の民主党代表選で、小沢さんが訴えていたのが、この「ひも付き補助金の撤廃」です。

「ひも付き補助金システム」を廃止することにより、霞が関が「金」や「権限」を持つのではなく、地方に最初から「金」も「権限」も持ってもらおうという考え方です。

これにより、官僚による一括支配を終わらせ、地方の創意工夫により、より各地域に即した政策を実行することができ、日本がよくなる!というものでした。

私は、この考えに大賛成です。
(財源捻出の手段としているならば懸念は残りますが。これについては長くなるので、また今度。でも、それも飲み込んで、この考えに賛成です。)

戦後から高度経済成長期には、その霞ヶ関による中央集権システムがうまく機能してきたわけですが、これだけ世の中が多様化している現代社会において、国が何もかもコントロールしようというのには無理があります。

また、冒頭から述べているとおり、霞が関は現場(国民生活)から遠いので、今どういう政策を打つべきなのかということに関し、状況把握にどうしても時間がかかります。

仮に、国の担当者がアンテナが高く、状況把握が早かったとしても、大事なことになればなるほど国会や財務省などを通して物事が決まっていくわけで、スピーディーに手を打っていくのはかなり難しくなります。

加えて、霞が関に座っていますと、「大きな声」がよく聞こえてきます。
業界団体や特定の力のある政治家の声です。

もちろん、それが一概に「悪」であるというわけではありません。
ものすごく的確な意見であることもあると思います。

霞ヶ関に座っていて、非常に至難の業なのは、聞こえてくる声をどう聞き分けるかということ。
「大きな声」と「多くの声」は違うということです。
本当に必要とされている政策はなんなのか、「多くの声」を聞き分ける能力が必要です。
霞ヶ関に座っているだけでは、相当のバランス感覚がないと、その違いに気づくことはできないと思いました。

そして、ここで出てくるのが「地方分権」です。
社会にある問題が出てきたときに、それを一つ一つ霞ヶ関が吸い上げ、打開策を考えて、国会を通した後に、やっと政策が実行される・・・・・なんてやっていては時間がかかり過ぎるので、地方できることは地方でやろうということが「地方分権」です。

・・・・・・・・・・・・今夜も遅くなってしまったので、中途半端ですが、ここで終わります。
「地方分権をするにあたって地方側がしなければならない覚悟」や、「地方分権が進んだときにこそ、私が考える霞ヶ関がやるべきこと」などを、明日以降書きたいと思います。

私は霞ヶ関で働かせてもらって、官僚の皆さんが、本当に優秀で、一生懸命に身を削りながら真剣に頑張っていらっしゃるというのを肌で感じることができました。
地方分権は必要だと思っていますが、官僚(霞ヶ関)は要らないということは思っていません。
地方の立場として、これを国がやってくれるといいのだけどなと思ったことを書いてみたいと思います

市ヶ谷の桜 ~霞ヶ関考①

えれこっちゃ打ち合わせ2010今夜は、いつもの宮崎市民プラザ3階にて、「まつりえれこっちゃみやざき」の打ち合わせでした。

数年前からやっている浴衣イベントを今年も行います!

地域活性化塾どんげネットが企画・運営をしているイベントで、立ち上げ当時は仲間で非常に熱くなって作り上げてきたものです。

現在は、後輩たちが頑張ってくれており、私は当日だけお手伝いをする感じです。 ・・・世代交代ですね。(笑)
引き継いだ頃は、横で見ていて不安がいっぱいでしたが、今は頼もしい限りです。

今年は「みやざき浴衣ビューティーコンテスト2010」というイベント名です。詳細は以下をクリックしてご覧ください。
→ 「どんげネット現代表のブログ」

市ヶ谷の桜←きれいに撮れていませんが、これが東京時代に私が住んでいた寮のあった市ヶ谷の桜です。
この写真は、3月末、宮崎帰ってくる直前に撮った写真です。

2009年4月、私が東京に来た時も市ヶ谷付近は満開の桜に包まれていて、霞ヶ関で働き始める直前の私は、不安と期待と緊張の中にいました。

ちょっと話が変わりますが、2007年(平成19年)の正月から、「崎田ノート」と名付けたノートを作っていまして、その時々に仕事やプライベートの活動をする中で感じたことや、人に出会う中で心に残った言葉、読んだ本で特に大事だと感じた内容などを書き留めています。

現在、4冊目に突入。
東京時代も書き続けていて、東京での1年間で、渋谷での「みやざきわけもんフォーラム」や、総務省「地域力おっはー!クラブ」(第6回)、首都圏自治体自主勉強会(Non-Purpose. 〜首都圏のWA(第52回))などで講演をさせていただきましたが、講演の内容の多くがこのノートにメモしていることをまとめなおしたものでした。
私にとっては、とっても大事なノートです。

このノートとともに、東京時代を振り返りたいと思います。
ということで、最初の4月にメモした内容を読んでみます。

「現場が遠すぎて、国ではニーズを把握できてないやん。だったら交付税で地方に丸ごと渡し、ちゃんと地方分権をして、住民に近いところで解決を。」

やっぱり、霞ヶ関に座ってみて、まず最初に思ったのは「現場の遠さ」です。
あれだけ忙しい業務をこなす中で、現場を感じる時間を作るのも物理的に難しいと思います。

(特に業務時間内に限ればかなり困難です。だからこそ、総務省の重徳さんが提唱する「飛び出す公務員」の意義が出てくるのだと思います。この話を始めると長くなるので今日は止めときます。そんな重徳さんのブログはこちら。私と同じく実名ブロガーで、キャリア官僚の方です。→「しげちゃん工房」

・・・続きといきたいところなのですが、遅くなってしまったので今日はここまでにします。
かなり中途半端ですが、続きは後日。

日南線から霞ヶ関を振り返る。

日南線2010-09東京での省庁勤めを終え、宮崎県に帰ってきまして、現在、日南市に住んでいます。
帰りが遅くなることも少なくなく、車での通勤では、疲れて運転をして事故など起こしてもいけないということで、JR日南線で通勤しています。
片道がだいたい1時間。新聞や本を読んだりできるので、非常に貴重な時間です。
(まあ、終電に間に合わず、日南に帰れない日も少なくないのですけど(苦笑))
ということで、ただ今、帰りの汽車の中で、写真のパソコンを使ってこの文章を書いています。
この手があったかと今更ながら思っているところです。

この実名ブログを書き始めて3年くらいですが、自分の中のルールとして守っているのは、現在の職務として担当している内容については触れないということです。
改めてになりますが、今後もそれだけは貫いていきますので、よろしくお願いいたします。

霞ヶ関の窓から昨年一年間、霞が関で仕事をさせていただくという貴重な経験をさせていただきました。
その時は、福祉の仕事を担当していました。
その具体的内容については、もちろん今後もブログ上では触れるつもりはありません。

ただ、東京の霞ヶ関というある意味日本の中心で仕事をさせてもらって、公私ともに色んな方と出会いましたし、色んな経験をさせてもらいました。
その東京について思うこと、霞が関というところについて思うことなど、一般論として感じたことは時々書いていこうと思っています。

宮崎に帰ってきて日々に流されてしまい、東京での1年間を総括できないまま、あっという間に時間だけは過ぎていってます。
当時、省庁内にて物事が決められていくプロセスを目の当たりして、いろいろ思うことがありました。
奇をてらうような霞が関批判をするつもりは毛頭ありませんが、今後も行政の中に身を置いて地域にかかわっていく人間として、今回の経験を整理したいと思っています。
ということで、今日はここまで。