「児童養護」カテゴリーアーカイブ

原点をブレずに。 ~児童養護施設でのこと

私は、大学時代、福岡にある児童養護施設にボランティアとして通っていました。
大学は工学部だったのですが、今、こうやって行政の道を歩いている全てのきっかけを作ったのがこの時のボランティアです。
以前のブログに、この辺のことを何度か書いていますので、今回は省略します。

慈愛園メッセージ集(以下をクリックしていただくと、なぜボランティアの経験から行政へ進もうと決めたかを書いています。
 →2008年06月08日「教え子に子供。 ~私が県庁に就職した訳」

今週月曜は、当時お世話になったその児童養護施設の先生方が仕事で宮崎に来られるということで、夜の飲み会をご一緒させていただきました。

ここ最近は、どっぷり医療の世界に浸かっていますので(これが今の仕事(担当業務)でして・・)、普段の生活では思い返すことが少なかったりもしますが、こうやって先生方と当時の施設でのことを思い返して話をすると、熱い思いがよみがえってきます。

今の職種では、どうしても制度や枠組み、予算のことなどを取り扱う仕事であるので、ついそこばかりに目が行ってしまいがちですが、絶対に原点をブレずにいなければと改めて思います。

その原点とは、私が大学時代に強く自分自身に誓った「この子供たちのために、より良い社会の仕組みづくりをするのだ」ということです。
このことは、自分のど真ん中に据えて今後も仕事をしていきたいと思います。

また、2年前に、厚生労働省で仕事をしていた時は、福祉を担当していました。
社会福祉法人の経営やあり方等にも少し関わっていましたので、同じ福祉の世界でも、現場でのボランティアとして見えることと、国という立場から見えることは、また少し違ったりもします。
こういう貴重な経験をしっかり生かしていきたいです。

久しぶりに、当時接した子供たちのことを思い出しながら、自分が何を原点にこれからを歩いていくのか再確認した夜になりました。

初、財務省 と 「九ボラ結婚式」。

仕事を終えて自分の部屋に帰り、シャワーを浴びて、現在、深夜3時半を回っていますが、なんだが無性にブログを書きたくなったので今から更新します。

帰りがどうしても遅くなってしまい、明日の事を考えるとブログ更新ではなく睡眠を選んでしまうのですが、今夜は体力が残っているので書いちゃいます。
せっかくの貴重な国での仕事と東京での生活ですので、今、感じていることを毎日少しでも書き留めていきたいなと思うところです。
(と、宮崎時代にも何度か書いておきながら、そのたびに挫折していますが・・・(苦笑))

新型インフルの対応は少し落ち着いたところですが、次年度(22年度)予算要求の準備に追われる毎日です。
例年よりも忙しくなってしまっている事情がありまして、係長が一人、係員が一人(私)の係に配属されているのですが、係長が長期病欠となってしまい、基本的に私一人で係の業務をこなしている状況です。

一昨日は、初めて財務省に行き、私が担当している予算の説明をしてきました。
例年は係長が説明に行くのですが、今年は資料を作った私が行かねばならぬ状況。そして、初めて足を踏み入れる財務省での説明。
財務省での説明は、何を聞かれるか分からないので、しっかり準備をして行けとアドバイスをくれる厚労省の先輩方。
資料は粛々と準備をしたのですが、説明に行く日の前夜になっても特に周りから何も言われず、なんだか一人で行かされそうな雰囲気でしたので、初めて福祉分野を担当して僅か2ヶ月、しかも300億近い予算を説明するにあたり、さすがに少し不安があり、補佐にお願いして、一応ついて来てもらいました。
結果的には特に大きな指摘事項もなく、なんとか無事に終えることができました。

まあでも、ほんと、毎日貴重な勉強をさせてもらっていると思います。
国の予算を組み立てて、実際に財務省との折衝に関わる中で、いろいろ見えてくるものがあります。

ネット上ですので、国での仕事の中身に触れるつもりは全くありませんが、1年後、宮崎に戻りましたら、休眠中の「みやざきみらいフォーラム」を久しぶりに復活させまして、私がこの1年間で学んだこと感じたことを報告させていただく予定です。
3月に、みらいフォーラムのスタッフで集まって議論をした結果、メンバーからそのような意見を頂きました。
そのときに、ここでは書けない色んなこと(笑)を話したいと思います。
またそのときに告知をすると思いますので、ご都合のつく方は是非ご参加ください。

ゆりちゃん結婚式?
実は、先日、結婚式を挙げました。

・・・もちろん、冗談です。(笑)
先週の土曜は、大学で同じサークルに所属していた友達(私の隣の花嫁)の結婚式に行ってきました。
場所は、白金台(東京都)。私の部屋から地下鉄で15分です。

(写真を撮ってくださったのは、花婿サマです。ありがとうございました。ゆりちゃんを幸せにしてください!)

ゆりちゃん結婚式?
サークルの名前は、「九州大学ボランティアサークル」。
略して、『九ボラ』です。
(←この日参加した九ボラメンバー全員と。)

当時、通っていた児童養護施設や老人ホームでは、初めて施設に行った学生も、「九ボラさん、九ボラさん」と気軽に声をかけてもらってました。
この『九ボラ』での経験があって、理工系の学部にいた私が、勉強していたこととは全く違う行政職の道を選ぶことになります。
ほんと、この『九ボラ』は、私にとって人生を大きく変えることとなった場所でした。

結婚披露パーティーの後も、九ボラメンバーで飲みに行き、学生時代の思い出話をしながら、お腹が痛くなるほど笑いました。
東京に来て、あんなに笑ったのはこの夜が一番だったかも。

明日は一人で横浜に視察に行ってきます。
頑張ります!

ニコさんへ。2

ニコさんへ

「ニコさんへ 2」

お返事ありがとう。
ニコさんの文章を読ませていただいての率直な感想は、15歳くらいとは思えないほど、とてもしっかりとした文章を書くことのできる人だなということです。
私自身、何もしてあげられないのに、どう言葉を並べていいのか分かりませんが、「なりたいものや夢はたくさんあって、だから今は進めます。」といったニコさんの言葉からは、しっかりと前を見据えた決意のようなものも感じました。

私が中高生のころ、30歳くらいといったら、ものすごく大人で、精神的にもしっかりとした人間なのだろうと漠然と思ってました。
そして、来月、私はその30歳になりますが、いまだに仕事や人間関係などで失敗をたくさんしますし、過去には、進学や就職が自分の思うようにはいかず、数年足踏みをしたり、痛い失恋もしました。
私なんかの経験では、ニコさんの今の状況を計り知ることはできませんが、うまくいかないときの人の気持ちが、挫折するまでの自分より少しは感じれるようになったように思っています。

うまくいかなかった経験は、いつか自分の中で役に立つことがあると思うし、そして、これから先もうまくいかないことというのはたくさんあって、夢や目標を持って頑張れる時期や、悩んでしまう時期など、その繰り返しなのだろうと私は思っています。

「何も返せなくてごめんなさい。」という言葉もありましたが、書くまでもないですが、そんなことは全くなくて、いいときも悪いときもありながらも、周りを気にせず一つ一つ自分のペースで歩いていければ、それでいいし、それが一番いいのだと思います。

取り留めのない内容になって恐縮ですが、ニコさんの文章を読んで、私はそう思いました。

ニコさんへ。

今夜は、西都青年会議所(JC)の例会と交流会があり、帰宅が遅くなりました。
2月の例会は、北は延岡、南は日南串間まで、県内各地の青年会議所が一ヶ所に集まって行われます。
ということで、交流会も大盛り上がりでございました。

今週も、毎晩出ずっぱりであります。
月曜 → 児童養護施設での学習指導ボランティア。
火曜 → 西都市商店街の皆さんや市役所の方々との中心市街地活性化に向けての会議。
水曜(祝日) → 前回ブログに書いているとおり、都農尾鈴マラソンに出場。
木曜の今夜は上記のとおりJCで、金曜は北郷町にて南那珂2市2町にある地域づくり団体との交流会です。

今日は、なんだか温かい気持ちになれたことがありましたので、そのことを書きたいと思います。
昨年末に行いました児童養護施設でのクリスマス会について、このブログでその内容を書かせていただきました。

2008年12月26日付けブログ → 「子供たちとのクリスマス。」

これのコメント欄に、その訪問した施設の元児童の方がコメントしてくれています。

それに対する返事は、そこにも書きましたが、今の自分の気持ちの整理というか、自分がどの原点から頑張ろうとしているのかを改めて考えることができたので、その「ニコさん」への返事をここに書きたいと思います。

「ニコさんへ」

コメントしてくれて、ありがとう。
読ませてもらって、そうやって喜んでもらえていたのだという生の声が聞けて、純粋に嬉しかったです。

ニコさんは、今、どんな毎日を送っているのかな。
私は、福岡で過ごした大学生時代に、週に2、3回、児童養護施設に通って、中学生に勉強を教えたり、一緒に遊んだり、キャンプや運動会ではボランティアとしてお手伝いをするなどの、たくさんの子供たちと接した経験から、「県庁職員」という仕事を選びました。
どういう家庭環境に生まれても、同じスタートラインに立てる社会づくりをしたいと思ったからです。
もちろん、私にはまだまだ力も経験もなく、目標には遠く及ばないですが、一つ一つ頑張っていこうと思っています。

福岡の施設で接していた子供たちの中には、今でも付き合いがいる子がいて、福岡に行ったときには会いに行ったりもしているところです。

故郷である宮崎に帰ってきて、社会人として仕事を始めてからは、大学生時代ほど時間が作れず、今はそこまでできてません・・。
まずは、さくら学園でのクリスマス会など、自分にできることから頑張っていきたいと思っています。

今回のコメントを読ませてもらって、ニコさんが自分が過ごした学園を本当に大切に思っているのだなということと、クリスマス会で私達が後輩達に会いに行っていることについて、お礼を書いているニコさんは、とても優しい人なんだなっていうことを思いました。
私も、さくら学園での活動をこれからも頑張っていこうと思える元気と優しさをニコさんからもらいました。
ありがとうございました。

子供たちとのクリスマス。

ここずっと北欧研修のことを固い感じで書き続けていますが、今回は久しぶりに最近の出来事(やわらかい話)について書きたいと思います。

さくら学園H20①12月23日(祝)は、宮崎市内にある児童養護施設「さくら学園」と「カリタスの園 竹の寮」で開催されたクリスマス会に行ってきました。

私が、「さくら学園」のクリスマス会に参加するのは今年で4回目になります。
例年、県庁内の電子掲示板上で職員にカンパを募り、そのお金でプレゼントを買い、子供たちに手渡しています。
もう10年以上、県庁職員の先輩方有志数名が毎年訪問していまして、その伝統を引き継いで、私が昨年から全体の取りまとめ役をしています。

そして、今年から初めて、私が家庭教師ボランティアとして週1回通っている「カリタスの園 竹の寮」のクリスマス会にも行くことになりました。
きっかけは、約1年前の1月から私がカリタスに通うようになりまして、先日、施設側からクリスマス会のお誘いを受けたことでした。
一緒にさくら学園クリスマス会訪問を行っている県庁の先輩方に、カリタスも増やしてよいか相談したところ、快く提案に乗ってくださいまして、2つの施設訪問が今回実現しました。

まず、事前準備として、20日(土)に、150人近い子供たちのプレゼントを買いに街に出かけました。
幼児さんから18歳までの子供たちがいて、好みも違うだろうということで、施設に学年ごとに何人の子供がいるのか教えてもらい、それを基に年代別、男女別にプレゼントを選びます。
これが一仕事でして、10人がかりで行い、4時間以上かかりました。
(それから、領収書の整理やプレゼントの仕分け作業などを幹事役3人が残ってやりまして、プレゼント買い出しスタート時間が午前10時で、結局、この日の作業を終えたのが夕方6時でした。(苦笑))

そんなこんなで事前準備を終えまして、いよいよ本番の23日。
午前中は、「さくら学園」に行きました。
毎年、さくら学園のクリスマス会では、ステージで、幼児さん、小学生、中学生、高校生がそれぞれ歌やダンス、劇などの出し物を披露してくれます。

そして、最後に、県庁ボランティアグループの出番。
まずは、子供たちが一番楽しみにしてくれている「サックス演奏」です。
上の写真が、その様子であります。
今年は、「崖の上のポニョ」で盛り上がりました。
「ポニョ」に合わせて、ダンサブルに踊るサンタが子供に受けました。(笑)

その後、ビンゴゲームやジャンケンゲームをして、当たった子にプレゼントを渡し、最後に全員にプレゼントを渡して、「さくら学園」クリスマス会は終了。

午後は、「カリタスの園 竹の寮」へ。
スタートには間に合わなかったのですが、子供と施設の先生によるバンド演奏などがあり、茶話会がありました。
私が勉強を教えている中2の男の子が、我々のテーブルに来てくれ、楽しく盛り上がりました!

そして、サンタによる子供たちの部屋への訪問。
みんな目をキラキラさせて待っていてくれまして、本当に楽しく優しい気持ちになれた時間でした.。゚+.(・∀・)゚+.゚

さくら学園H20②

左の写真は、今回一緒に取りまとめ役を手伝ってくれた入庁2年目の後輩たちです。
彼ら彼女らには、「まつりえれこっちゃみやざき」から、地域活性化塾どんげネット、Mfnet(宮崎県内若手行政マン自主勉強会)などなど、いろんな場面で世話になりっぱなしです。

面と向かうと、いつもいじってばかりですが、ホントはもちろん感謝しております。
ネット上ですが、ありがとう。
来年以降も突っ走っていきますので、どうか私を見捨てず(笑)、一緒に突っ走ってくれることを祈っております。
お疲れさまでした。