﨑田 恭平 のすべての投稿

「動き出す日南」から「加速する日南」へ

昨日が、日南市長選挙の投開票日でした。
1万6359票を投じていただき、2回目の当選を果たすことができました。

初めての選挙であった4年前と比較すると、3,744票 多く投じていただき、また、得票率についても前回は過半数に届かない41.7%から今回72.1%に増加しまして、改めて身が引き締まる思いです。

しかし、投票率(50.6%)が過去最低となり、このことについて真摯に受け止めています。
日南の活性化を進めていくためには、これまで以上に市民の皆さまの協力が必要です。
私自身もこれまで以上に市政に邁進し、市民の皆さまとの対話をもっと増やしたり、市の動きを丁寧に説明していくことで、今回投票へ行かなかった市民の皆さまにも関心をもっていただけるよう努めていきたいと思います。

この選挙を通して、感じたことを書きます。

今回の選挙で感じたことの一番は、「たくさんの人に支えられて、この4年間 仕事をすることができていたことを肌身で強く感じたこと」です。

もちろん、頭では分かっていました。
市職員をはじめ、各分野の方がそれぞれの持ち場で動いてくださっているから、市政が進んでいくことを。

しかし、日頃の仕事の中では、基本は市職員に囲まれて仕事をしていますし、市民の皆様に対しても、私が直接語りかけるよりは市役所の各部署を通じて説明していくことが現実として多いわけであります。

(もちろん、「市長による市の動き報告会」など、直接ご説明したり、意見を伺う機会はできる限り多く設けてはいます。にしてもです。)

選挙というのは、市民の皆さまと直に接する機会が、当たり前ですが非常に多いわけです。

私自身、特に強固な支持団体や組織を持っているわけではなく、初めての選挙の時から草の根で応援してくださった方々をはじめ、手づくりの選挙を行っています。

なので、より一層、一人ひとりの方と接する機会は、日頃よりも選挙の期間の方がダントツに多いわけです。

各地域を選挙カーで回り、その声を聞いて、自宅や会社から出てきてくださった方と直接握手をし、声をかけていただきます。
また、夜の演説会では、この選挙中5日間で計8会場にて開催し、一人ひとりの方と握手しながら声をかけていただきます。

その中で、「4年間の実績は間違いない」とか「本当によく頑張ってきたよね」などの言葉を多くかけてくださいました。

また、各地域を細かく回っている中で、選挙カーの声が聞こえると、どの地区でも人がたくさん出てきてくださり、中には涙ぐみながら「頑張れ頑張れ」「負けちゃいかん」という言葉をかけていただき、私の方が感無量となる場面も何度もありました。

4年前の選挙と比較して、選挙カーの声を聞いて、飛び出してくださる方の数は断然多くなりました。
本当に本当にありがたく思います。

市長としての仕事は、まずは市役所職員が動いてくれなければ何もできません。

4年前、33歳の若造を市長として迎えた日南市役所は、不安の方が大きかったと思います。

にも関わらず、しっかり私の考えを汲み取り、考えを具現化し、たくさんの新たな動きを矢継ぎ早に途切れることなく打ち出していって、1期目の4年間を過ごせたのは、奇跡だったと思いますし、紛れもなく市職員の支えのお陰です。

そして、加えて何を言いましても、そのような崎田市政の動きを支持し、温かく見守り、時には強く後押しをしてくださったり、当事者として汗をかいたり、一緒にリスクを負ってでも動いてくださった市民の皆さまがいらっしゃったからこそ、この4年間があったのだと、選挙を通して痛感しました。

選挙戦を終えて、今の心境としては『感謝』しかありません。

感謝、感謝、感謝です。

本当に恵まれた4年間を過ごすことができたのだと肌身で感じました。

あと、選挙戦について、もう少し突っ込んで書かせていただくと、非常に厳しいなと思いましたのは、「大丈夫、大丈夫」という言葉です。

「大丈夫、大丈夫、選挙で負けることはないが」という意味の「大丈夫、大丈夫」です。

これは、本当に多くの方から言っていただいた言葉で、ある意味においては、私を少しでも気持ちを楽に安心させてあげようと温かいお心から言っていただいている場合も多いのですが、挑戦者で失うものが何もない時と、追いかけられる側になる現職の場合とでの難しさがあり、私個人は非常に危機感を持って選挙に臨みました。

しかし、そのような空気の中でも、後援会長をはじめ、特に選対本部長と事務局長が、高い意識・熱量のもとに選挙事務所の運営をしてくださり、そこからその熱量が多くのお手伝いに来てくださるボランティアの皆さんに伝わっていったので、選挙戦の後半は、選対本部の空気・チームワークについて前回の選挙を上回るものがありました。

今回の選挙に関わってくださった全ての皆さんに、改めて心からの『感謝』であります。

最後に、もう1人、心からの感謝をしなければならない人がいます。(正確にはプラス幼い2人も。)

私の家族です。
妻の奈緒が、この選挙戦を体をボロボロに消耗しながら、必死に支えてくれました。

加えて、子どもたち2人も、我慢させることも多かったと思います。

特に、妻は、この数ヶ月、いかなる時も私を信じ、献身的に支えてくれました。

奈緒でなければ、乗り切れなかったと思います。

(そして、両親と後援会長ご夫妻も、早い時間から遅い時間まで、黒子として必死に支えてもらいました。)

私は、本当にたくさんの方々の支えに恵まれて、日南市長の仕事ができていたのだと、強く深く肌身で感じることができた選挙戦となりました。

そして、選挙で支えてくださった皆さんに恩返しできるのは、改めて当たり前ですが、市長としての仕事しかないと思います。

日南市長として、もっともっと頑張ってほしいということで、たくさんの方々が選挙戦で動いてくださったわけであります。

2回目の当選後の初登庁が数時間後に迫ってきました。
1万6359票の重みを噛みしめ、新たな気持ちで日南市役所に向かいたいと思います。

覚悟を持って前へ

4月14日の午後7時30分から釈迦尾ヶ野公民館にて「﨑田恭平 個人演説会」を行いました。

地区のたくさんの方々に集まっていただきました。
深く感謝申し上げます。

 

釈迦尾ヶ野公民館での個人演説会の様子

油津商店街にチャーミングな保育施設

油津商店街の動きは、この4年間、各方面から注目していただきました。

特に、市が起用したテナントミックスサポートマネージャーの木藤さんが「4年間で20店舗誘致」という目標を達成できるかという点にも大きな注目が集まった中で、この春のうちに最終的には28店舗まで積み上がる見込みとなりました。

木藤さんをはじめとする商店街関係者、その動きに共感して動いてくださった全ての関係者の皆さまに「感謝」であります。

その28店舗の中には、商店だけでなく、IT企業のオフィスや大学生が起業して開業したゲストハウスなどもあります。

そして、その中で、赤ちゃんを預かる保育施設も生まれました!

詳しくは、後段をご覧ください。
デザインや内装、ツリーハウスなど、大変こだわりのある、大人でもワクワクするような保育施設が完成しました。

油津商店街で真剣に頑張る動きに共感してくださり、民間の取り組みとして生まれた保育施設です。

長年「シャッター商店街」となってしまっていた中で、この再生に取り組むのは並大抵のことではありません。

傍観者として批評するのは簡単です。
当事者として、商店街に関わってくださった仲間が増えたことは本当にありがたいことであり、そのお気持ち・姿勢に心から敬意を表します。

是非、以下をご覧ください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【こちら広報室】
<油津商店街にチャーミングな保育施設>

いつ = 3月29日(水) 13時30分~
どこで = 油津商店街(ポート㈱日南オフィス向かい)
だれが = 学校法人吾田学園(伊豆元紀伊子理事長)
なにした = しあわせ小規模施設「油津オアシスこども園」オープニングセレモニー

市内初で県内でも珍しいという、小規模保育事業による保育施設が完成し、記念セレモニーや施設見学会が開かれました。飫肥杉をふんだんに使用した建物は、木造2階建てで延べ床面積が約174㎡あり、2階部分は地域交流館「レインボーカフェ」として開放されます。

小規模保育事業とは、平成27年度から始まった子ども・子育て支援新制度の中で、市町村の認可事業(地域型保育事業)の1つとして新たに作られた事業。0~2歳児を対象とした、定員6~19人の比較的小さな施設であり、規模の特性を生かしたきめ細かな保育が実施されます。

式では、主催者を代表して、あがた幼稚園の伊豆元精一園長があいさつ。「計画当初は、商店街に保育施設を新設する不安もあったが、地域の方々から『子どもの笑顔や声で元気が出るようになる』と背中を押していただいた。テナントミックス・サポートマネージャーの木藤亮太さんをはじめ、多くの市民がここで努力されている中、油津地域のために頑張っていきたい」と優しい声ながらも熱く語りかけました。

また、「実は藤棚も作りたい。木の施設に藤があると、『木』と『藤』で『木藤』になる」と参加者の笑いを誘いつつ、「木藤さんの情熱を引き継いで、枯らさないように育てていく」といった決意も披露しました。

来賓を代表して﨑田恭平市長が「新制度を活用し、多様化する子育てニーズに応える第1号の施設だ。商店街に進出したIT企業の社員も、将来ここに子どもを預け、仕事をしたり買い物をしたりと、好循環が生まれると期待している。また、来月8日には、近くに市の子育て支援センター『ことこと』もオープンするので連携していきたい」と祝辞を述べました。

テープカットの後、設計管理者と施工者、木藤氏の3人に飫肥杉製の感謝状が贈られました。木藤氏が「油津商店街での出店・開設は、これが24件目だが、実は、進出が決定したのは(自身のノルマである)20店舗目だった記念すべき施設。向かいのオフィスは全面ガラス張りで、これまで少し寂しい景色が映っていたが、今は素敵な建物や灯りが映り込み、美しい風景が完成している。今回も含め、自発的な出店者・仲間が増えてきて、心強い」とあいさつ。その後、参加者が施設を見学しました。

午前中にあった市民向け見学会には、地元の中学生や高校生も参加。若者がSNSで発信したこの施設の写真を見て、さらに見学者が増えるといった今時な賑わいが、早速生まれていました。地域も一緒に交流・連携しながら、子どもたちを育てていくという、新しい拠点が油津商店街に誕生しました。

認知症患者を支える施設 細田に完成

日南市細田地区に、新たに「認知症対応型通所介護事務所」が完成いたしました。
詳しくは、後半の市役所広報室の文章をご覧ください。

若い経営者の方が、非常に熱い情熱を持って取り組んでくださっています。

開設をされた場所は、細田小学校と細田児童館のすぐ近く。
当初は、少し離れた場所に計画をされていらっしゃいましたが、地域よりこの場所が良いという声が上がったため、柔軟に対応し、計画を変更されました。
子ども達との様々な触れ合いも予定されており、地域の声を聞きながら、施設運営をしていこうという姿勢に頭が下がるところです。

認知症対応は、喫緊の課題です。
市内には、この事業所以外にも熱心に取り組んでくださる介護事業者の方が多くいらっしゃいます。

しっかりとした連携を図りながら、高齢者の皆さんが安心して暮らせる地域づくりにも尽力してまいります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【こちら広報室】
<認知症患者を支える施設 細田に完成>

3月30日(木)、細田小学校の正門付近に、認知症状のある方を対象に介護サービスを提供する施設「Codial Care(コーディアルケア)ほほえみの里」が完成し、落成式が行われました。
同施設は、木造平屋建てで、延べ床面積が約98.61平方㍍。看護師や認知症介護の専門職員などを含む5人が対応します。また、通常のデイサービス(通所介護)とは異なり、認知症状のある方のみが利用対象で、食事や入浴、専門的なケアを日帰りで受けられます。
今後は、中部病院内の認知症初期集中支援チームと情報共有するなど連携して、認知症患者を地域で見守る体制づくりにも取り組む方針。来月1日に開設予定で、「認知症対応型通所介護事務所」といわれる同様の施設は、吾田の「デイサービス来見遊」に次ぎ市内で2件目です。
式で酒井俊介・合同会社ほほえみの里代表社員は、関係者に感謝の言葉を述べた後、「認知症高齢者に加え、そのご家族もしっかりケアした形で、地域の皆さま方に頼りにされる施設を目指して頑張りたい」と決意のあいさつ。
﨑田市長は「高齢化の時代において、認知症の対応は地域社会の喫緊の課題。地域と連動して、地域の模範となる取り組みになることを祈念します」と期待を込めて話しました。
また、式典中には、近隣の高齢者や児童もお祝いに訪れ、会場は和やかな雰囲気に包まれていました。